法人カード

自営業がクレジットカード申し込み前に知っておくべきこと

「自営業ってクレジットカードの審査に通りにくいと聞いた。何とかして自営業でも審査に通る方法はないのかなぁ」

やはり、安定した給料が保障されている会社員などの方が、自営業の方よりもクレジットカードの審査には有利なのは確かです。

さらに、自営業の方の多くは本当はクレジットカードを持てるのに、ポイントを押さえずに申し込みしているのが原因で、残念ながら審査落ちしている方も多いです。

そこで、当ページでは、自営業の方がクレジットカードの審査を通過するために知っておくべきことをまとめました。

一緒に、サクッと理想のクレジットカードの審査に通過するポイントを押さえていきましょう!


目的別に自営業でもクレジットカードを使い分けよう

実は自営業がクレジットカードの審査に通りにくいもう1つの理由として、自営業はプライベートと事業の垣根が曖昧であることがあります。

「それの何がいけないんだ?」と思いますよね。実は、クレジットカードは大きく分けて2つあります。まず、私たちが普段の買い物に使う一般カード、個人事業主や法人が事業費決済用に使う法人カードです。

さらに、これらのクレジットカード審査は異なる基準で実施されます。
  • 一般カード→個人の与信(年齢、職業、保有財産など)
  • 法人カード→法人(個人事業主)と代表者(社長)の与信(事業の信頼性と代表者個人の与信)


つまりカード会社は、プライベートと事業の区別が付かないようなカード利用者は好ましくないと考えているのです。

実際に、一般カードで経費を落としていたら規約違反で利用停止を受けた方もいます。

以上の理由から、自営業者は特に、プライベートと事業の区別をつけるためにクレジットカードを分けるのがベストということです。


一般カード(生活維持費用)

プライベートの決済は一般カードを利用しましょう。上述の通り、このクレジットカードの審査で関わるのはあなた自身の信用情報

もし職業が自営業で通る自信が無い場合は、一定期間パートタイムやアルバイトとして働き、職業はパートタイムで申し込むのが良いでしょう。

また、まだ開業されておらず、会社勤めの方であれば会社員であるうちにクレジットカードを作成しておくのが良いです。

やはり、安定収入が見込まれる会社員という属性は自営業よりクレジットカードの審査に有利な場合が多いからです。


法人カード(事業費用)

事業に関する決済は法人カードを利用しましょう。

最近では、個人事業主向けや年会費無料などの作成しやすい法人カードがあります。まず、作りやすい法人カードから作成して、事業決済用のクレジットカードを確保するのが良いでしょう。

事業が安定してきたら、グレードが高くステータスのある法人カードに替えることもできます。

3点押さえる!自営業がクレジットカードの審査に通るために

そもそも、なぜ自営業はクレジットカードの審査に通りにくいと言われているかというと、第一に収入に安定性が無いことが多いから。

カード会社にとっては、毎月決済額が少なくても、収入が安定している会社員の方が良いお客さんです。

つまり、自営業がクレジットカードを持つには事業が成功していて、かつ安定性があることをカード会社に証明する必要があるのです。

具体的には、公的に届け出た書類などをカード会社に提出することが有効です。

公的書類を通して、カード会社に「この人、自営業で上手くいっているみたい。カードも健全に使ってくれそう!」と思わせることができたらこっちのもの。

さあ、以下の3点を押さえていきましょう!


開業届は出しているか

まず始めに、開業届は出していますか?

開業届を出し、自営業であることを社会的に宣言することは、クレジットカード審査通過の第一歩です。

仮に、あなたが開業届を出していなかったら、カード会社からしたらあなたの職業を公的に知るすべはありませんので、いくら収益を上げていても「無職」と同じ扱いになってしまいます。

中には「開業届は面倒くさい」「税金を払いたくない」という理由から、開業届を出さない口だけの自営業の方もいるようです。

もちろん、カード会社はこのような人達を「収入無し」と判断します。つまり、このような人たちがクレジットカードの審査に通る可能性はかなり低いです。

以上の理由より、自営業がクレジットカードの審査を通過するためには、開業届を役所に提出し、まず自分の職業を公的に証明する必要があるのです。


あなたは自営業?自由業?

実は、自分自身は自営業だと思っていても、実際は異なる職業である自由業の方もいます。

当たり前の話になってしまいますが、故意でなくともクレジットカードの申し込みのときに事実と異なる申告や記入間違いをすると審査に影響してしまいます。

自営業と自由業の定義・職業例
自営業自由業
定義独立して、自分の力で経営する事業。一定の雇用関係によらず、時間に束縛されないで、独立して営む職業。
職業例八百屋
雑貨屋
接骨院

芸術家
芸能人
医師
フリーランス
ノマドワーカー
※定義引用:デジタル大辞泉

いかがでしょうか?ご自身の職業区分をしっかり把握し、クレジットカードの申し込み時に「職業を間違って申告してしまった!」といううっかりミスが無いように気を付けて審査に臨みましょう。


確定申告書があるとより良い

自営業が収入と経営の安定性をカード会社に示すのに、確定申告書もとても有効です。

ご存知の方もいると思いますが、確定申告書からあなたの所得とそれに対する課税額を確認することができます。

つまり、カード会社に確定申告書を提出することで「きちんと事業を行っていて、かつ納税もしている健全な自営業者」であることをアピールできるのです。


個人事業主向けのカードを活用しよう

以上、自営業とクレジットカードについてお話ししてきましたが、いかがでしょうか。最後にこの記事のポイントをおさらいしていきましょう!

  • 自営業はまず開業届から確定申告などの公的書類を揃えることで、クレジットカード審査通過率が上がる
  • クレジットカードはプライベートと事業費決済用を分ける
  • 自分が自営業または自由業を把握する
  • クレジットカード申し込みの際の記入ミスに気を付ける


このように、自営業は社会的信用を積むことでクレジットカードの審査に通りやすくなるのです。あなたもぜひ、以上のポイントを押さえてクレジットカードの審査に臨んでみてはいかがでしょうか。



関連記事
還元率・マイル・年会費などで比較!あなたに合った法人カードはこちら


関連記事

  1. 法人カードの審査に通るための7つのポイント
  2. 急ぎで資金が必要なときに便利な法人カードローン
  3. 法人カード利用分を経費で落とすにどんな領収書が必要?それとも不要…
  4. ポイントもマイルも貯まる!法人カードをおすすめする理由を徹底解説…
  5. 法人カードの審査に通るための7つのポイント
  6. 法人カードのポイントをザクザク貯めてお得に使う方法
  7. ビジネス用クレジットカードが必須である5つの理由
  8. 法人カードの名義は個人と法人のどちらにすべきか?

最新記事

おすすめ記事

  1. 合同会社がビジネスカードを作成するためのポイントを徹底解説!
  2. ANA法人カード4種類を徹底比較!あなたに最適な1枚はこれだ
  3. JAL法人カードでフライトマイルを貯めてお得に使おう
PAGE TOP