法人カード

JAL法人カードでフライトマイルを貯めてお得に使おう

JAL法人カードはフライトマイルがザクザク貯まる法人カード。

JAL法人カードを活用すると、なんとフライトマイルを最大25%加算されて貯められるので、日本航空の飛行機を利用する方に向いています。

当ページでは、JAL法人カードのグレードの選び方や、フライトマイルをJAL法人カードでお得に貯めていく方法を詳しく解説。

さらに章末にて、JALマイルをショッピングで貯めたい方や、高ステータスカードをお探しの方にぴったりの法人カードをご紹介していきます。


ずばりJAL法人カードは日本航空を頻繁に利用する人に向いている

JAL法人カードは、日本航空を日常の足として利用するあなたにぴったりの法人カード。

日本航空を活用すればするほどお得な特典・サービスやが受けられるほか、JALマイルがザクザク貯まります!

なお、JAL法人カードは普通カードとCLUB-Aカードのみのラインアップ。

残念ながら、個人向けのクレジットカードではあるCLUB-Aゴールドカードやプラチナは、法人向けには発行されていないのです。


それではここで、JAL法人カード普通とCLUB-Aカードの詳細をご覧ください。

普通カードCLUB-Aカード
券面
年会費2,000円10,000円
ブランドMasterCard, VISA(JCBは新規申込停止中)
入会資格業歴5年以上で黒字決算の法人・個人事業主(18歳以上)
旅行保険(最大)1,000万円5,000万円
毎年初回搭乗ボーナス1,000マイル2,000マイル
搭乗ボーナス(最大)フライトマイル10%加算フライトマイル25%加算
以上のように、普通カードとCLUB-Aカード共にフライトマイルが貯めやすくなっています。

また、飛行機の出張があるビジネスパーソンに嬉しい旅行保険が付いているのも安心です。


JAL法人カード会員限定サービスの活用で運賃大幅割引!

JALビジネスきっぷを利用すると、JAL法人カード会員限定の航空券値引きが受けられます。

例えば2017年6月16日(金)の東京―大阪の片道運賃は、通常料金だと25,490円ですが、JALビジネスきっぷの活用でなんと16,240円に。

なんと9,250円もお得に日本航空が利用できるのです。


フライトマイル・ボーナスマイルが貯まる

冒頭でもお話ししましたが、JAL法人カードで貯められるのはフライトマイル

さらに、ボーナスとして以下のマイルが貯まります。

普通カードCLUB-Aカード
入会搭乗ボーナス1,000マイル5,000マイル
毎年初回搭乗ボーナス1,000マイル2,000マイル
搭乗ボーナス(最大)フライトマイルの10%プラスフライトマイルの25%プラス

このように、JAL法人カードの普通カードと比較するとCLUB-Aカードはフライトマイルやボーナスマイルのレートが良いため、より効率的にJALマイルを貯めたい方にはおすすめです。


JAL法人カードの普通カードとCLUB-Aカードを比較

普通カードとCLUB-Aカードは、単純な年会費の差は8,000円ですが、その他にも様々な違いがあります。

以下に比較ポイントをまとめましたので、ご覧ください。

普通CLUB-A
入会搭乗ボーナス1,0005,000
毎年初回搭乗
ボーナス
1,0002,000
搭乗毎ボーナス+10%+25%
旅行保険(最大)1,000万円5,000万円
CLUB-Aカードだけにある旅行保険の保障
  • 障害治療費用 150万円
  • 疾病治療費用 150万円
  • 賠償責任 2,000万円
  • 携行品損害 年間100万円限度


以上のスペックをまとめると、普通カードは「日本航空の飛行機を利用するが、そう頻度は多くない。保険も他でまかなうから要らない。」という方です。

また、CLUB-Aカードは「よく日本航空の飛行機を利用する。保険もあると良いな。」という方、海外出張が年に1回でもある方におすすめします。

ご存知の方も多いかと思いますが、海外は特に医療費が高額。

中には骨折して入院しただけでウン千万円という前例もありますから、保険はあった方が安心なのです。


メリットとデメリットになりうる点

「JAL法人カードのメリット・デメリット両方を知って、冷静に申し込みを考えたい。」

そんなあなたに、ここではJAL法人カードをどう活用すればメリットが得られるのか、どんな方にデメリットが大きいのかを解説していきます。


JAL法人カードは事業費決済によってマイルは貯まらない

今までもお話ししてきましたが、JAL法人カードのメリット日本航空をよく利用する方にとってはマイルを貯めやすいカードです。

また、JALビジネスきっぷの活用で日本航空のチケットをかなりお得に購入することができるのもメリットです。

以上より「法人カードで事業費決済をして、貯めたポイントをJALマイルに移行したい」とお考えの方は、最後にご紹介するショッピングマイルが貯まりやすい法人カードをおすすめします。


フライトマイルは各カードに貯まる

JAL法人カードのフライトマイルは、各JAL法人カードに貯まります。

つまりこのシステムは、社員それぞれのJAL法人カードにフライトマイルを貯めて、各自使ってもらいたい場合はメリットになる一方、代表者のカードにマイルを集約したい場合はデメリットになってしまいます。

仮に、社員に貯めたマイルを許可なく使ってほしくないのなら、そのように社内ルールを整えるだけで解決する問題ですので、そこまでのデメリットでは無いでしょう。


空港ラウンジサービスが無いのは残念

JAL法人カードの普通カードとCLUB-Aカードには空港ラウンジサービスが付帯していないのがデメリット。

そのため「空港ラウンジサービスが絶対欲しい。」という方は、後にご紹介するハイスペックな法人カードを選ぶことをおすすめします。


空港ラウンジサービスは期待できませんが、実際、JALを利用する方にとっては、フライトマイルの貯まりやすさでメリットが大きいですので、役割を分けて法人カード2枚持ちを検討してみるのも1つの方法です。


日本航空をメイン利用する方は必携の1枚

以上、JAL法人カードの普通カードCLUB-Aカードについて詳しく解説してきましたが、いかがでしたか。

最後にこの記事のポイントをまとめましたので、ご覧ください。
  • JAL法人カードはフライトマイルが貯まる
  • JALビジネスきっぷでかなりお得にチケットが購入できる
  • 普通カードとCLUB-Aカードの違いはフライトマイルの貯まりやすさと旅行保険の保障内容
  • JAL法人カードに空港ラウンジサービスは無い


JAL法人カードはフライトマイルがザクザク貯まる法人カード

また、安心の旅行保険や、JAL法人会員限定の航空券値引きのサービス付きですので、出張時の安心や経費削減にも貢献します。

日本航空をよく利用されるあなたは、ぜひ申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。



+α:飛行機には乗らないがJALマイルは貯めたいというあなたはこのカード

「フライトマイルではなく、陸でマイルを貯めたい」

そんなあなたに、ここでは事業費決済により最速でJALマイルが貯まる法人カードをご紹介していきます!


セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは高還元でJALマイルが貯まる

本家のJALと提携したカードではありませんが、驚くことにセゾンカードの上級カードであるセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはJALマイルがザクザク貯まる法人カード。

ここで、詳細なスペックとマイルを1.125%の還元率で貯める具体的な手順をご覧ください。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
対象法人、個人事業主、会社員
ブランドAMEX
年会費初年度20,000円、2年目以降20,000円
(年間200万円以上の利用で年会費翌年半額)
還元率0.5%(通常)1.0%(最高)
ETC
マイル還元率JAL:1.125%
限度額ショッピング 100~1000万円
キャッシング 0~50万円
保険国内:最高5,000万円
海外:最高5,000万円
JALマイルを1.125%で貯める手順
SAISON MILE CLUB JALコースの「ショッピングマイルプラン」に無料登録
→永久不滅ポイントの代わりに1,000円のカード利用毎に10マイル貯まる
+さらに永久不滅ポイントが2,000円毎に1ポイント貯まる(SAISON MILE CLUB優遇サービス)
→永久不滅ポイントをJALマイルに移行(200ポイント=500マイル)
=還元率1.125%


このような手順でショッピングマイルプランに登録し、ボーナスで獲得した永久不滅ポイントをJALマイルに移行すれば還元率1.125%でJALマイルが貯められます。

ちなみに、実はセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、法人カードでありながらも会社員でも所有できるプラチナ法人カード。

プラチナ級の付帯サービスを求めるあなたには、総合的にもおすすめの1枚です。


アメリカン・エキスプレスの法人カードを経由してJAL特典航空券をゲットするのも有効

今までお話ししてきたのは、カード会社のポイントをJALマイルに移行する方法でした。もちろん、あなたも貯めたJALマイルはJAL特典航空券(つまりJALのチケット)に交換する予定ですよね。

実は、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのポイントをブリティッシュ・エアウェイズのAvoisポイントに交換して、そのAvoisポイントをJAL特典航空券と交換するという方法もあるのです。

具体的に、Avoisポイント経由での方法でメリットがあるケースは、以下の通りです。
  • AvoisポイントのJAL特典航空券のレートの方が、JALマイルのJAL特典航空券のレートの方より良いとき
  • アメックスの法人カードをメインに利用したい場合
  • アメックスの空港周りのサービスや空港ラウンジサービスに魅力を感じる場合


驚くべきことに、行き先によってはなぜか本家のJALマイル特典航空券のレートよりも、ブリティッシュ・エアウェイズAvoisポイントの特典航空券のレートの方が良いことがあるのです。

つまり事前に行きたい場所が決まっている場合、JALマイルかAvoisポイントのどちらがレートが良いのか調べると良いでしょう。




関連記事
法人カード保有のメリット・基礎知識を5分でおさらい!


【ANA法人カード】カード決済でANAマイルが貯まるビジネスカードを一挙紹介


関連記事

  1. 法人カード年会費無料の比較ランキング!
  2. 自営業がクレジットカード申し込み前に知っておくべきこと
  3. アメックスの法人カードをグレード別で比較
  4. 急ぎで資金が必要なときに便利な法人カードローン
  5. 法人カードの名義はいったい誰?
  6. 合同会社がビジネスカードを作成するためのポイントを徹底解説!
  7. ビュー法人カードはモバイルSuicaが無料で使えるビジネスカード…
  8. 法人カードでETCをお得に使う方法を徹底解説!

最新記事

おすすめ記事

  1. 合同会社がビジネスカードを作成するためのポイントを徹底解説!
  2. ANA法人カード4種類を徹底比較!あなたに最適な1枚はこれだ
  3. JAL法人カードでフライトマイルを貯めてお得に使おう
PAGE TOP