法人カード

徹底比較であなたに合った法人カードを見つけよう

「法人カードってたくさんあって、どう比較すれば良いのかわからない」

あなたも、こんな疑問をお持ちでは無いでしょうか。色々なウェブサイトでビジネス用クレジットカードを検索してみると、様々なカードが比較・おすすめされている一方、いまいち比較観点は何なのか、自分自身の場合どう比較すれば良いのかまで見えてこないのが実際のところだと思います。

また、ひと口に法人カードと言っても、それぞれ個性があります。つまり、ベストな1枚は人それぞれということです。そのため、きちんとカードを比較するには、まず比較観点を知り、それらに優先順位を付けることがポイントです。

そこで当サイトでは、法人カード比較の方法を詳しく丁寧に解説し、あなたにぴったりのカードを見つけるお手伝いをしていきたいと思います。

それでは、一緒に法人カードを比較・検討していきましょう!


始めに法人カードの比較観点を知ろう

hikaku1

法人カードは一般のクレジットカードと同じように、カードごとに長所や短所があります。もちろん中には、総合的に優れた法人カードもありますが、まず法人カードの比較観点を知り、自分自身の優先順位を知ることから始めていきましょう。

ここで始めに、具体的な法人カードの比較観点をポイントでご紹介します。
  • 所有コスト
  • ポイント還元率
  • 特典
  • ステータス
  • 審査の通りやすさ
このように、大きく分けて5つの比較観点があり、以下にそれぞれ詳しく解説していきますが「手っ取り早く項目別のおすすめカードを知りたい」というあなたは、この章は飛ばしてしまって、次の章を読んでしまっても構いません。


所有コスト

本カード年会費・追加カードの年会費・ETCカード発行費の3点が、主に法人カードの所有コストとして挙げられます。

法人カードによっては、本カードの年会費は安いけれど、追加カード1枚あたりの年会費が高めの場合も。このような場合もありますので、法人カードを実際に会社で使う場合の総コストを加味して法人カードを選びましょう。


ポイント還元率

せっかく法人カードを使うなら、ポイントを貯める楽しみも欲しいですよね。

実は法人カードのポイント還元率は、一般カードと比較して低く設定されています。この理由はやはり、ビジネスユースで一度の決済額が多いことのようです。

しかし中には、法人カードでもポイント還元率が良いものがありますので、「法人カードでポイントをザクザク貯めたい」とお考えのあなたはポイント還元率を最優先にして法人カードを選ぶのをおすすめします。


特典

ビジネス用クレジットカードの中には、決済の手段としてだけでは無くビジネスシーンを円滑にするための特典(サービス)が付いているものが多くあります。

ここで、いくつか代表的な特典の例を挙げていきます。
  • 空港ラウンジサービス
  • 空港からスーツケースを自宅まで無料配送
  • プライオリティ・パス
  • 福利厚生サービス
  • コンシェルジュサービス
例えば空港を良く利用する方であれば、プライオリティ・パスを利用して、居心地のいいラウンジで離陸までの時間を優雅に過ごし、帰る際はスーツケースを自宅配送してもらいスーツケース無料配送サービスを利用してほぼ手ぶらで自宅に帰るという優雅な出張も可能です。


ビジネスシーンにおいては特に、直接業務とは関係ない移動の際の疲労はできるだけ少なくしたいですよね。こんな時に、ビジネス用クレジットカードの特典が役に立ちます。

ステータス

大事な接待の際にも、法人カードは必ずと言っていいほど登場します。

ステータスの高いクレジットカードを保有していれば、取引先に「ビジネスが上手くいっているんだな」という良い印象を与えることができるのがメリットになります。

法人カードは決済の役目をする実用的な役目から、会社の宣伝の顔にもなり得るのです。


審査の通りやすさ

全ての法人カードには、契約にあたり審査があります。この際に業績不振による赤字は悪影響だったり、新設法人はそもそも審査に通りにくかったりします。

つまり、法人カードを選ぶときには、まず欲しい法人カードの審査に自分(法人)が通る見込みがあるのかを十分確認してから申し込むのが確実です。


以上、比較観点を挙げてきましたがいかがでしょうか。例えば「とにかく外で出しても恥ずかしくないステータスのある法人カードが欲しい」というあなたはステータスを1番に考えて法人カードを選ぶのが賢いです。

また、「とにかく維持費を安くしたい」とお考えのあなたには年会費無料やコスパの優れた法人カードををおすすめします。


比較して総合的に良い法人カードはどれだ

123
カード名EX Gold for Biz iD×QUICPayJCB法人カードアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
券面
年会費(税別)2,000円1,250円12,000円
ポイント還元率最大1.0-2.0%0.48%~0.33%
国際ブランドMasterCard,VISAJCBAmerican Express
総合的に見たとき、圧倒的なおすすめはEX Gold for Biz iD×QUICPay!年会費2,000円と驚異の安さに関わらず、ゴールドカード並の特典が付帯しています。さらに、前年度の利用総額に応じてポイント還元率が上がるシステムで、最大2.0%の還元率を誇ります。

また、渋いゴールドの券面も一押しポイントの1つ。とても年会費2,000円(税抜)には見えないので、ビジネスシーンでも胸を張って利用できます。

次におすすめするのはJCB法人カード。このカードの大きな長所は維持費の安さです。年会費1,250円(税別)で安心のJCBクレジットカードを使える点や、ETCカードの発行が無料な点はかなり素晴らしいです。「カードの見た目もそれなりに良いのが良くて、かつカード維持費をできるだけ抑えたい」あなたにはおすすめの1枚です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは、ビジネスの世界で認知度が高いアメックスのステータスが最大のメリット。会社の顔として申し分ない地位があります。

また、アメックスと言えば空港でのサービスが豊富なことでも有名です。例えばアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードで利用できる空港ラウンジでゆったり離陸までの時間を過ごし、帰国後は重くなったスーツケースの無料配送サービスが利用可能です!


還元率が良い法人カードを選ぶ

「たくさん決済する予定だから、ポイントが一番効率的に貯まる法人カードを選びたい」

あなたもこうお思いなのではないでしょうか。確かに、ポイントがよく貯まる法人カードを選んだら、後から商品やサービスと交換する楽しみが早く来ますから、こんな嬉しいことはありませんね。

そこでこの章では、ポイントがよく貯まる法人カードを3枚ご紹介していきます!以下の表に、還元率が良く、かつポイントが使いやすい順にまとめましたので、ご覧ください。

123
カード名楽天ビジネスカードEX Gold for Biz iD×QUICPayJCBビジネスプラス一般法人カード
券面2位
還元率1.0%0.6-1.1%1.5%
年会費2,000円2,000円1,250円
ポイントがよく貯まる法人カードを比較したとき、不動の1位は楽天ビジネスカード常時1.0%の還元率はかなりの強みです。何を決済しても1.0%もの還元を受けられるので、業種や決済内容に関わらずポイントを貯めることができます。

また、楽天ビジネスカードで貯まるポイントは楽天スーパーポイントですので、ポイントの使い道が多く、汎用性が高いこともメリットになります。

また、2番目のオリコEX Gold for Biz iD×QUICPayは、クラステージというポイントシステムがあり、初年度1.0%で翌年度からは年間決済額に応じてポイント還元率が変わります。EX Gold for Biz iD×QUICPay で決済すればするほど、高還元で暮らスマイルという名前のオリコのポイントが貯まります。

3位のJCBビジネスプラス一般法人カードは、特定の決済(JR、高速道路、ガソリンスタンド、タクシー、レンタカー、航空券、宿泊、旅行代理店での利用金額)に対する還元率が素晴らしい法人カード。つまり、出張が多く交通費の出費が大きい方に向いている法人カードです。

またJCBビジネスプラス一般法人カードは、利用金額の最大1.5%が自動でキャッシュバックされるというシステム。そのため、「法人カードは還元率が良いのが良いけど、ポイントの管理は正直面倒」という経営者の方には特に便利です。

ただ、JCBビジネスプラス一般法人カードの還元率が良いのは特定の費用に対してですので、パソコンを購入しても1円もポイントは還元されない点には要注意です。

以上、還元率が高い3枚の法人カードを紹介してきましたが、冒頭でもお話しした通り、法人カードの還元率は一般カードよりも低めに設定されています。また、還元率が高い法人カードは総じてステータス性が低いことが頭に入れておかなければならない点です。

以上の理由から、実際に法人カードを選ぶ際には還元率だけでは無く法人カードとしての見た目(ステータス)も十分検討することをおすすめします。


マイルの貯まりやすさで選ぶ

「飛行機を頻繁に利用するから、フライトマイルが貯まる法人カードが欲しい」

出張に忙しいビジネスパーソンの方には、飛行機に乗ることで付与されるポイントであるフライトマイルが効率よく貯まる法人カードを活用していきましょう!

以下に、JALとANA別のマイルが貯まる法人カードですので、ご覧ください。
マイルの種類JALANA
法人カードセゾン・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードANAダイナースコーポレートカード
券面セゾンプラチナビジネスカードANAダイナースビジネスカード
マイル最大還元率
(事業費決済)
1.125%1%
フライトマイル
・ボーナスマイル
区間マイル25%加算
入会・継続時に2,000マイル
年会費(税抜)20,000円20,000円
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは何と1.125%の高還元率が特長。この高還元を実現するためには、セゾンマイルクラブの登録が必要。(プラチナ会員は完全無料)そうすることで、通常還元率に0.5%ポイントが加算され、通常還元率+ボーナスで1.125%の高還元となるのです!

また実際に、ANAダイナースコーポレートカードでマイルを貯めるには、通常利用1%でポイントを貯め、そのポイントをマイルに変換するという流れになります。このとき、ポイントをマイルに移行するには年間6,000円でダイナースグローバルマイレージへの加入がマストです。

ここで「マイルを貯めるのってかなりコストがかかる!」とあなたも思われたかもしれません。実際そうで、法人カードでマイルを貯めるためには、年会費やプログラム参加費用など色々かかってしまうのです。

それでもやはり、先ほどご紹介した2枚のカードを所有することで得られる経理処理の効率化のメリット、出張や会食でのメリットを加味すると、高い年会費を支払っても利用する価値はあるといえます。


ステータスが高いものを選ぶ

法人カードをせっかく作るなら、取引先やお客さんの前で胸を張って出せるステータスの高い法人カードが良いですよね。

ところで、一般カードにおいては、クレジットカードの最高クラスはブラックカードのイメージが強いと思います。しかし法人カードでは、プラチナカードが最高クラスになります。また、プラチナと名前が付いている法人カードは、ステータスはもちろん限度額や付帯サービスが充実しているため、見た目だけではなく実用性もばっちりです。

そこで、ここでは、総合的に法人プラチナカードを比較・検討し、当サイトおすすめの3枚の法人カードをご紹介していきます!

123
カード名セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードアメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードJCBプラチナ法人カード
券面
年会費(税抜)20,000円
※年間200万円以上利用で翌年の年会費半額
130,000円30,000円
代表的な特典プライオリティ・パス

コンシェルジュサービス
プライオリティ・パス
プラチナ・セクレタリー・サービス

ホテル・メンバーシップ
プラチナ・コンシェルジュサービス

カーアクシデントケア制度
ポイント・招待制ではない
・コスパが良い
・ポイント無期限
・アメックスのサービス利用可
・至れり尽くせりのコンシェルジュサービス
・アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードからの招待制
・国内エンターテイメント系に強い
・原則JCBゴールド法人カードからの招待制
プラチナ法人カードのステータスと特典は元より、コストパフォーマンスNo.1はセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード。年間200万円以上の決済でなんと翌年年会費が10,000円になる、かなりお得なプラチナ法人カードです。

また、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードはコンシェルジュサービスが素晴らしいと評判!実際、当管理人の知り合いの社長は「アメリカ出張でたまたま1日オフになったとき、アメックスに電話1本入れたら、自分だけの観光プランを手配してくれて助かった」と言っていました。

このように、毎日忙しい経営者の方々にとっては、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードを所有するだけで秘書が1人雇えてしまうようなものですから、もしインビテーション(招待)が来たら13万円払っても持つ価値があるカードといえます。

最後に、JCBプラチナ法人カードはステータス性はもちろん、国内サービスに強いプラチナ法人カード。京都駅にあるJCB Lounge 京都や、自動車事故に遭ったときに5万円の見舞金が支給されるカーアクシデントケア制度が利用できます。

また、JCBプラチナ法人カードもコンシェルジュデスク(コンシェルジュサービス)を備えています。これはJCBの一般カード最上位であるTHE CLASSと同じサービスデスク。日本語で対応できる幅広い要望に応えてくれる、頼れるサービスです。


年会費無料のものから選ぶ


ライフカードビジネスビジネクスト法人クレジットカード
P-one Business MasterCard
デザイン1位 2位 3位
利用限度額500万円300万円300万円
追加カード発行可能枚数・料金
無料
50枚
無料
5枚
無料
ETCカード発行可能枚数・料金

無料
50枚
無料
5枚
1,000円/枚
還元率
0.1%0.2%
サービス・会計ソフトfreee特典
・福利厚生サービス
・海外アシスタンスサービス
・旅行サービス
・福利厚生サービス
・レンタカー割引サービス
・旅行サービス
・購入商品安心保険
「とにかく年会費無料で法人カードが欲しい」そんなあなたに私が一番おすすめするのはライフカードビジネス。なんと維持費ゼロで最大利用可能枠が500万円ですので、キャッシュフローが安定し、余裕のビジネスが可能になります。

第二候補はビジネクスト法人クレジットカード。維持費ゼロの法人カードでもポイントをコツコツ貯めていきたい方や、レンタカーをよく利用する方におすすめ。例えば、ニッポンレンタカーやタイムズカーレンタルが5%オフで使えるので、上手く活用すれば交通費を浮かすことにも貢献します。

また、P-one Business MasterCardはまるでゴールドカードのような見た目と0.2%の還元率が特徴です。年に2,000円の利用で翌年年会費が無料になるので、普通に使っていれば維持費ゼロ円になります。「やっぱり年会費無料でも法人カードだから、多少見た目が良いのがいいな」とお考えのあなたにおすすめです。


機能がシンプルでコスパが良いものから選ぶ

この章では、ステータスも多少は気にするけど、実用性もあってコスパが良い法人カードが欲しいあなたに、当サイト管理人が厳選した3枚の法人カードをご紹介します。

123
カードEX Gold for Biz iD×QUICPayJCB一般法人カードアメリカン・エキスプレス・ビジネス・グリーン・カード
券面1位
年会費(税抜)2,000円1,250円12,000円
還元率1.0-2.0%0.5%0.33%
特徴・ゴールドカード並の特典付き
・利用額に応じて還元率UP
・コスパと見た目のバランスが良い・低価格で持てるアメックス
・特典やサービスが充実
管理人が圧倒的におすすめするのは、オリコEX Gold for Biz iD×QUICPay。このカードは年会費2,000円ながらゴールドカード扱いなのが美味しいカードです。

さらに電子マネーであるiDとQUICPayがEX Gold for Biz iD×QUICPay1枚にまとまる他、VISAかMasterCardそれぞれの国際ブランドのビジネスに便利な特典が受けられます!

例えばMastercardのサービスであるBusiness Assistを活用することで、社員の出張時の宿泊コストの可視化や、宿泊予約サイトじゃらんで検索をあなたの会社向けにカスタマイズできます。そうすることで、不要な宿泊プランを削減したり、カラ出張を防止することが可能になります!

また、JCB一般法人カード安心のJCBの信頼性があります。年会費1,250円なのに、外で出しても恥ずかしくないカードはかなりコストパフォーマンスが高いです。

最後にアメリカン・エキスプレス・ビジネス・グリーン・カードは「できるだけ維持費を抑えてステータスが欲しい良いサービスを受けたい」あなたにおすすめです。例えば出張時に空港ラウンジでゆったり過ごし、帰国時は手荷物宅配サービスを無料で活用し、身軽に帰宅することもできるのです!


審査の通りやすさで選ぶ

「不安だから審査に通りやすい法人カードを選びたい」このようにお考えのあなたに、ここでは審査が甘い(ゆるい)と評判や体験談がある法人カードがおすすめです。

実は、審査が甘いと言われている法人カードは年会費や特典・サービス内容にかなり幅があります。以下、審査が甘いと言われている4枚の法人カードをご紹介していきます!

1234
カードEX Gold for Biz iD×QUICPayビジネクスト法人クレジットカードセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードアメリカン・エキスプレス・ビジネス・グリーン・カード
券面1位
年会費(税抜)2,000円無料20,000円12,000円
還元率1.0-2.0%0.1%1.0%0.33%
特徴・ゴールドカード並の特典付き
・利用額に応じて還元率UP
・赤字でも通るという評判あり・招待制ではないプラチナ法人カード
・200万円以上の決済で翌年年会費が50%OFF
・低価格で持てるアメックス
・特典やサービスが充実
やはり堂々の1位はEX Gold for Biz iD×QUICPayです。「役所に法人登記したばかりなのに審査に通った」という口コミも!また、審査に通りやすいだけではなく、実用性や見た目もGOODというベストな法人カードです。

2位のビジネクスト法人クレジットカードは公式サイトに「新法人、設立直後でもOK」と明記されているのが安心です。また、年会費無料なので予備の法人カードとして作っておくのも良いでしょう。

次にセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードは、上級カードなのに招待制ではないカード。実際一般カードでは、プラチナ級のクレジットカードはほとんどが招待制ですから、法人カードであるセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードが審査に通りやすいと言われているのはかなりねらい目です。

最後にアメリカン・エキスプレス・ビジネス・グリーン・カード。世間的には「アメックス=ステータスが高い、お金持ち」というイメージが未だ根強いですが、本当のところは新設法人でも審査に通りやすいと言われている法人カードです。


法人カードはあなたの使い方に合わせて比較・検討しよう

hikaku2

以上、様々な観点で法人カードを比較・検討しご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

色々あってどれを選べば良いのかわからないというあなたは、まず法人カードの特徴の優先順位を付けていくことを比較する前にやってみましょう。

ここで最後にもう一度、法人カードの比較観点をご紹介します。
  • 所有コスト
  • ポイント還元率
  • 特典
  • ステータス
  • 審査の通りやすさ
これらの5つの比較ポイントを並び替えして、あなたが絶対譲れない要素を優先して法人カードを選んでいくのがベストです。

あなたのビジネスをより効率化・業績向上するために、ぜひお気に入りの1枚に申し込んでみてはいかがでしょうか。



関連記事

  1. 中小企業が法人カードを導入するメリットと活用ケース5選
  2. 自営業がクレジットカード申し込み前に知っておくべきこと
  3. 法人カードの限度額についてわかりやすく解説
  4. 赤字でもOKだった!実は審査が甘い法人カード
  5. 急ぎで資金が必要なときに便利な法人カードローン
  6. ポイント還元率の高い法人カードランキング!お得に使うならこの1枚…
  7. JAL法人カードでフライトマイルを貯めてお得に使おう
  8. キャッシングが海外でも使えるおすすめ法人カードはこれだ!

最新記事

おすすめ記事

  1. 合同会社がビジネスカードを作成するためのポイントを徹底解説!
  2. ANA法人カード4種類を徹底比較!あなたに最適な1枚はこれだ
  3. JAL法人カードでフライトマイルを貯めてお得に使おう
PAGE TOP