法人カード

キャッシングが海外でも使えるおすすめ法人カードはこれだ!

「事業資金をねん出するために、キャッシングを利用したい」とお考えのあなた。

実は、法人向けカードローンでキャッシングするよりも、法人向けクレジットカードでキャッシングをした方が便利だということはご存知でしょうか?

法人カードは、事業用クレジットカードとして業務効率化に貢献するほか、分割払いもできる優れもの。

つまり法人カードを使うことで、キャッシングだけではなく、様々なベネフィットを受けることができるのです。

そこでここでは、法人向けのクレジットカードの便利な活用方法や、出張時に使える海外キャッシングについて詳しくお話ししていきます!


メリットが多い法人カードでのキャッシング

便利な海外キャッシング

法人カードローンではなく法人カードでキャッシングを利用することは、様々なメリットがあります。

ここでは、法人カードローンには無い法人カードのキャッシングサービスの優れている点をご紹介していきます。


選択肢が多い

法人カードには、ポイント還元率が良いクレジットカード、キャッシュバックがあるクレジットカードなど、様々な種類があります。

その中から、あなたの希望に合った事業用のクレジットカードを選ぶことができる点がメリットです。

また、法人カードは法人カードローンよりも特典や付帯サービスが充実しています。

そのため、法人カードは事業用のクレジットカード・キャッシュカードとしての機能は備えながらも、より多くのベネフィットを受けることができる点もメリットです。


キャッシュフローの安定

法人カードでキャッシングをすると、その利用代金の支払いまでに1か月から1か月半程度の引き落し猶予があります。

一方、法人カードローンでのキャッシングは、毎月支払いをしなければなりません。

法人向けのクレジットカードの方が支払いまでの期間が長いため、キャッシュフローが安定するメリットがあります。


つなぎ資金として優秀

先ほども少しお話ししましたが、法人カードは法人カードローンと比較して、クレジットカード利用から支払いまでのスケジュールにゆとりがあります。

また、キャッシングの手数料も法人カードローンと遜色ないため、一時的な資金調達に適しているのです。


キャッシングが使えるビジネスカード

現金が引き出せる法人カード

実はビジネスクレジットカードでキャッシングが使えるのは基本的に個人事業主のみ

その理由は、カード会社がもし法人に個人事業主と同じようなキャッシング枠を付けたら、大きな貸し倒れリスクを負うことになるためです。

また、カード会社は法人に無担保で事業性融資をすることになり、カード会社からしたらかなり危険な融資になってしまいます。

しかし以上のようなカード会社の事情があっても、中にはキャッシングが利用できる法人カードもあります。以下に、例としてP-one Business MasterCardをご紹介していきます。


法人でもキャッシングできるクレジットカード

P-one Business MasterCardブランド利用限度額追加カード発行可能枚数ETCカード発行可能枚数還元率サービス
MasterCard300万円5枚(無料)5枚(1,000円/枚)0.2%購入商品安心保険
P-one Business MasterCardは、年に1回以上のカード利用で翌年の年会費が無料になるため、通常利用で実質年会費無料。維持費ゼロ円なので、今は必要なくてもいざというときのためにキャッシュカードとして作っておくのも良いでしょう。

なお、当サイト一番おすすめ・年会費2000円のゴールドカードである、EX Gold for Biz iD×QUICPayは、個人事業主のみキャッシングが可能になっています。オリコカードの詳細は、こちらからご覧ください。


海外で現地紙幣を引き出せる法人クレジットカードはどれ?

キャッシング海外対応

特に、世界中に出張する機会が多い方の場合、国をまたぐ度に両替所に向かうのはとても面倒ですよね。

そんなときは、キャッシングが海外で使えるビジネスクレジットカードを使って、現地貨幣を引き出すと便利です。

便利な海外キャッシングですが、実は海外でキャッシング機能が使える事業用クレジットカードは多くありません。

法人カードの海外キャッシング対応状況
×
オリコ※1
三井住友※2
AMEX
楽天カード
JCB
※1
個人事業主向けのみ海外キャッシング対応
※2
別途、海外キャッシング枠の申請が必要

このように法人カードで海外キャッシング可能なのはオリコの個人事業主向け法人カードと、三井住友の法人カードのどちらか。

また三井住友については、申し込み時や後から海外キャッシング枠の申請をすると海外キャッシングが可能になるシステムです。

そのため、三井住友のクレジットカードで海外現金引き出しをしたいときは、事前に枠を確保しておくことを押さえておきましょう。


ちなみに、法人カードで海外現金引き出しができるものは少ないですが、個人向けクレジットカードでならキャッシングが利用できる場合が多いです。


カードローンよりも法人カードのキャッシングを使おう

ビジネスカードでキャッシングを利用しよう

これまで法人カードローンより法人カードのキャッシング機能を使うことをおすすめしてきましたが、いかがでしたか?

最後に、この記事のポイントをおさらいしていきましょう。

法人カードでキャッシングすると良い理由
  • 法人カードローンよりも種類が多いため選択肢の幅が広い
  • 事業用クレジットカードとしての機能ほか、特典や付帯サービスが充実している
  • キャッシング利用から引き落としの期間が長めのため、キャッシュフローが安定する
  • 海外キャッシング利用で両替所に並ばずに済む


法人カードローンでキャッシングすることのデメリット
  • 審査に通過しても希望限度額が低めになる可能性あり
  • 決済書の内容が悪いと判断されれば審査落ち
  • 借り入れから返済までの期間が法人カードより短い


法人カードローンは、申込時の審査で精査されるわりに限度額や返済スケジュールの点で法人カードに劣ります。

やはりキャッシングを利用したいときは、法人向けクレジットカードでキャッシング利用する方が、メリットが多いといえます。


以上のように、法人カードのキャッシングはつなぎ資金のねん出先としてとても便利。

急に資金が必要になったときなどの緊急事態に備えることができる法人カードを、あなたもぜひ1枚申し込んでみてはいかがでしょうか。



関連記事
こんなに便利だった!ビジネス用クレジットカードの基礎知識はこちら



関連記事

  1. 中小企業が法人カードを導入するメリットと活用ケース5選
  2. 法人カードの名義は個人と法人のどちらにすべきか?
  3. 自営業がクレジットカード申し込み前に知っておくべきこと
  4. アメックスの法人カードをグレード別で比較
  5. 法人カード年会費無料の比較ランキング!
  6. ANA法人カード4種類を徹底比較!あなたに最適な1枚はこれだ
  7. 個人事業主におすすめの法人クレジットカードを徹底比較
  8. 合同会社がビジネスカードを作成するためのポイントを徹底解説!

最新記事

おすすめ記事

  1. 合同会社がビジネスカードを作成するためのポイントを徹底解説!
  2. ANA法人カード4種類を徹底比較!あなたに最適な1枚はこれだ
  3. JAL法人カードでフライトマイルを貯めてお得に使おう
PAGE TOP