法人カード

ビジネス用クレジットカードが必須である5つの理由

「なぜビジネス用にクレジットカードを持たなければいけないのか?」

あなたも、こう思われたことはございませんか。

確かに、現金決済や個人用クレジットカードで十分用が足りている場合は、ビジネス用のクレジットカードはあまりメリットがないと考えてしまうのも、無理はありません。

実はビジネスクレジットカードには、あなたが想定していなかったような活用方法や、業務遂行上のメリットが多くあります。

このページでは、事業をもっと効率的に伸ばしていきたいとお考えの経営者のあなたに、知って頂きたい知識を詰め込んでいます。

それでは最初に、ビジネスクレジットカード保有すべき5つの理由を、実際の利用ケースと併せて見ていきましょう!


なぜわざわざクレジットカードをビジネス用に作る必要があるのか

実は、大前提として個人用に作ったクレジットカードを、事業費決済で使うのはNG

それは、あくまでも個人カードは「あなたが個人的なショッピング決済で利用する。」という前置きを基に、審査が行われているからです。

また、後で詳しくお話ししますが、カード会社によっては、規約により個人用クレジットカードを事業費決済用として利用することを禁止していることもあるのです。


以上、前提はここまでにして、次に実際の場面でビジネスクレジットカードが役立つ例を5つと、保有する理由も併せて見ていきましょう。


経理処理がぐんと楽に

ビジネスクレジットカードを活用すると、カード決済分が経費として落としやすくなります。

また、現金精算で発生するレシートや領収書管理の手間を省いて業務を効率よく行うことも可能。もちろん、紙の領収書の紛失リスクもゼロになります。

ケース1:現金立替で領収書の社内紛失
東京から大阪へ出張に行った際、で新幹線の運賃を現金で立て替えをした。その後、 領収書を担当者に渡したが、社内で失くされてしまった。

最後には「新幹線に乗った事実を証明できないから、運賃は支払えない。」と経理責任者に言われ、約15,000円自己負担で泣き寝入りすることに…。


このように現金精算だと、領収書やレシート紛失のリスクを避けられません

缶コーヒーの領収書の紛失くらいだったらましですが、大金が関わってくる領収書を失くしてしまうと大問題になってしまいますよね。

ビジネスクレジットカードでの決済の場合は、決済履歴がインターネットで確認できるため、そもそも「代金を支払ったかどうかを疑われる」ということがありません。

また、事業費をカード決済するので、現金立替で発生するあらゆる業務コストを削減できるのもメリットです。


現金精算で頻発するタイムロス・ケアレスミスを改善

可能であれば、会計処理に関わる時間は少なく済ましたいですよね。

そう考えたとき、現金精算よりもビジネスクレジットカードでの精算の方が、何十倍も業務効率が良いです。

ケース2:会計処理で税理士に見せるためにレシートを貯めていた個人事業主
顧問の税理士に、とっておいた何か月か分のレシートを見せたら「月ごとに分けて、日にち順に分けて」と言われた。

膨大なレシートの量で、はっきりいってかなり面倒だったが、税理士がやってくれないし、業務の合間をぬって自分でやる羽目になった。


ビジネスクレジットカードの決済をすると、インターネットから時系列で決済分をチェックできるため、会計処理にかける時間を大幅に減らすことが可能です。

また、ビジネスクレジットカードの中にはクラウド会計ソフトと連携しているものも。

これを活用することで、項目を感覚的に仕訳したり、カード決済のデータをCSV形式(Excelにそのまま値で貼り付けられる形式)でダウンロードすることもできるのです。


出張時の疲れを最低限にする

商談やプレゼン時はともかく、出張時の移動で疲労が溜まるのは、業務効率上良いことではありませんね。

ケース3:出張族
国内や海外、色々な場所に出張に行くため、飛行機移動を頻繁にする。

基本、経費削減のためにエコノミークラスを利用。搭乗日が週末になったときはそれなりに混むし、夏休みなどの観光シーズンは空港がごった返すので気疲れする。


ここでビジネスクレジットカードの特典である空港ラウンジサービス手荷物無料配送サービスを活用することで、出張時の疲労を減らすことができます!

例えばプライオリティ・パスが付帯しているビジネスクレジットカードを活用すれば、軽食や飲み物が楽しめる会員制ラウンジで、待ち時間を過ごすことができます。

当然ながら、会員制空港ラウンジは観光客が少なく騒がしくなりにくいので、待ち時間に仕事をしたり、新聞を読んだりして時間を有意義に使うことも可能。


また、手荷物無料配送サービスの活用で、出張後にお土産で重くなった鞄やスーツケースを空港から自宅に送ってもらい、身軽に帰路につくこともできます。


非生産的な作業を外注できる

ケース4:多忙なのに会食の調整を任される
仕事がたんまりあるのに、会食の場所や日程の調整を任された。

実際やりたくないので、誰かに投げてしまいたい…。


こんな場合は、ビジネスクレジットカードの付帯サービスを活用して、会食の調整を外注してしまいましょう。

例えば、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・クレジットカードのゴールドとプラチナには、ビジネス・ダイニングというサービスが付帯しています。

電話口で会食の予算・人数・希望のエリアを伝えるだけで、アメックスのスタッフが会食場所の候補を複数出してくれるため、とても便利です。

このように、ビジネスクレジットカードの付帯サービスの活用で、庶務を外注して業務効率化を図ることが可能です。


福利厚生サービスの活用

ケース5:休日に「たまには体を動かそうかな~」と思ったとき
休みだし、たまには近所のジムにでも行って汗を流そうかな。さて、利用料金は幾らだろうか?

・・・あれ、月額制だし、入会金も要るらしい。1回料金では入れないのか。面倒くさいからやっぱり止めておこう。


ここでビジネスクレジットカードの福利厚生サービスを活用すれば、通常で月額でしか入れない民間のジムなどが都度料金で利用することが可能です。

これ以外にも、レジャー施設ファミレスなどの様々な場所で、優待や割引を受けることができます。

ビジネスクレジットカードの特典を活用で、休みの日もお得に過ごせるのは嬉しいですよね。


次に、ビジネスクレジットカード保有の一番大きなメリットである公私の区別について解説していきます。


経費と生活維持費をきっちり分けられるのが最大のメリット

ビジネスクレジットカードを活用すると、事業費と生活維持費を完全に分けて管理できるのがメリットです。

  • 心理的に公私の区別が付く
  • 事業費の透明化
  • クレジットカード会社の規約をきちんと守る優良な顧客に
まず、事業費も個人用クレジットカードで支払っていたら、知らない間に「これも経費で落とそう」という甘い気持ちになってしまう可能性が高いです。

確かに経費で落とせるかもしれませんが、もしかして冷静に振り返ってみたらお金の無駄遣いになっている可能性があります。

ビジネスクレジットカードを持つことで、「これは経費で落としたいからビジネスクレジットカードで支払おう」という気になるので、無駄遣いを減らすことができるのです。

さらに、明細にずらっと並ぶのは事業費として決済した項目のみですので、わざわざマーカーで線を引いて、プライベートの利用分と区別する手間がゼロになるのもメリットです。

さらに、冒頭でもお話ししましたが、クレジットカード会社は、事業費決済はビジネスクレジットカードを利用してもらいたいと考えています。

つまり、実際にあなたがビジネスクレジットカードを持ち、きちんとプライベートと分けて健全に利用していたら、クレジットカード会社に良い印象を与えることができるのです。

そうなると、将来のクレジットカードのアップグレードに繋がったりしますので、メリットとしても大きいです。


決済カードを個人用と分けておくとより良いい

屋号付き銀行口座や法人口座を作っておくと、より公私の区別がわかりやすくなります。

仮に税務調査が入った場合も、ビジネス用の口座を持っていて、実際に引き落としや口座振替に利用していれば、税務署の人に「きちんとした経理管理をしている会社(個人事業主)」というアピールができる点がメリットです。


ビジネス用クレジットカードで事業の効率化を図ろう

以上、ビジネスクレジットカードを持つ理由を5つ解説してきましたが、いかがでしょうか。

最後にこの記事のポイントを下にまとめましたので、ご覧ください。

  • 会計処理の効率化
  • レシート・領収書の保管量が減る
  • 付帯サービスの活用でビジネスの効率化
  • 空港ラウンジサービスの活用で出張時の疲れを軽減
  • 福利厚生サービスの活用で休日も充実
このように、ビジネスクレジットカードはあなたのビジネスの成長を助け、最適化するというメリットがあります。現在、現金主義の方や個人カードを事業費用に利用している方は、ぜひビジネスクレジットカードに申し込んでみてはいかがでしょうか。


関連記事
還元率・ステータス・マイルなど、目的別の法人カード比較ランキング


関連記事

  1. 法人カードの名義はいったい誰?
  2. 徹底比較であなたに合った法人カードを見つけよう
  3. 赤字でもOKだった!実は審査が甘い法人カード
  4. 法人カードの審査に通るための7つのポイント
  5. ビュー法人カードはモバイルSuicaが無料で使えるビジネスカード…
  6. ポイントもマイルも貯まる!法人カードをおすすめする理由を徹底解説…
  7. ANA法人カード4種類を徹底比較!あなたに最適な1枚はこれだ
  8. 合同会社がビジネスカードを作成するためのポイントを徹底解説!

最新記事

おすすめ記事

  1. 合同会社がビジネスカードを作成するためのポイントを徹底解説!
  2. ANA法人カード4種類を徹底比較!あなたに最適な1枚はこれだ
  3. JAL法人カードでフライトマイルを貯めてお得に使おう
PAGE TOP