クレジットカード

楽天カードを徹底解説!高還元率のお得カードのメリットとデメリット

初めてクレジットカードを作ろうと思っている方から、すでにクレジットカードを複数枚持っている方にもおすすめしたい楽天カード。

「楽天市場で買い物をしないと楽天カードのメリットってないんじゃないの?」と考える方も多いのですが、実は楽天カードは様々なメリットのあるハイスペックなカードです。

今回はそんな楽天カードのメリットやデメリットをご紹介します。


楽天カードの基本スペック

クレジットカードですので、申し込み対象者は18歳以上(高校生不可)となりますが、学生や主婦の方でも申し込むことができます。

審査は即日から3営業日ほどで行われますが、カード到着まで1週間~2週間ほど時間がかかるので、海外旅行などで使用したい場合は、余裕を持って申し込みすることをおすすめします。

また、年会費は永年無料となっているため、初めて作るクレジットカードにはもちろん、サブで使用するクレジットカードとしてもおすすめです。

国際ブランドは「VISA」「MasterCard」「JCB」の3つの中から好きなものを選択することができます。
一番気になるポイント還元率は、通常は1%。楽天グループの場合は2~4%ですが、頻繁にキャンペーンが行われ、最大10%もプラスされます。

その他、利用付帯の旅行保険や、ネットショッピングでクレジットカードを不正使用された際の補償制度など、嬉しい特典が多数あります。


審査は甘いのか?

楽天カードについて調べているとよく見かけるのが、「楽天カードは審査が甘い」という言葉。

クレジットカードの審査は一般的に申し込み用紙に記入した情報や、その他ローンの返済情報や支払い情報(過去に支払いが滞っていないかどうか)などを数値化し、総合的に判断します。

なので、例えば学生や主婦などで収入が低い場合でも、その他情報の数値が平均的であれば審査に通ることもあります。

クレジットカード会社によって独自の審査基準を持っている場合があり、審査に通る基準数値は異なりますが、一般的に楽天カードの審査は甘いと言われています。

実際、筆者の友人は学生時代に携帯電話料金を滞納したことが原因で、他のクレジットカードは審査が通らなかったのですが、楽天カードの審査は通り、クレジットカードを作ることができました。


海外旅行障害保険は最高2000万円

海外旅行に行く際に、別途海外旅行傷害保険に加入するという方も多いのではないでしょうか。
楽天カードで旅行代金を支払うと、特別な申し込みを別途しなくても海外旅行傷害保険が付帯されます。

しかもその補償内容は手厚く、傷害死亡・後遺障害の場合、最大2000万円を受け取ることができます。
傷害治療費用や疾病治療費用は最大200万円まで受け取れるので、旅行先でケガや病気になった場合も安心です。

海外旅行障害保険を有効にするためには、日本を出国する前に、自宅から出発空港までの交通費または海外旅行代金を楽天カードで支払う必要があります。

海外旅行の代金は現金ではなくカードで支払う場合が多いと思うので、決済に使うカードを楽天カードに変えるだけで、補償の厚い海外旅行傷害保険が付帯されるのはとってもお得ですよね。  


高還元率でポイントがザクザク貯まる

通常、楽天カードのポイントは100円の利用につき1ポイント(=1円)付き、還元率は1%ですが、楽天カード加盟店で利用すると最大3%も還元されます。

楽天カード加盟店は、ガソリンスタンドやコンタクト屋、引っ越し屋、アミューズメント施設など多岐に渡り、日々増えています。

筆者が通っている美容院も楽天カードの加盟店になったので、ポイントがすぐに貯まるようになりました。

また、楽天市場で楽天カードを使用する場合、楽天市場ご利用ポイント1%+楽天カードご利用ポイント1%と、ポイント還元率は2%です。
ただ、常にスーパーポイントアッププログラムの特典ポイントが更に2%つくので、楽天市場で楽天カードを使用する際のポイント還元率は、実質4%となります。

その他にも毎月のようにポイントアップキャンペーンが開催され、最大10%もポイント還元されることがあります。

筆者はキャンペーン期間中に楽天市場で日用品を購入し、楽天カードで各種支払いをしているのですが、毎月面白いくらいにポイントが貯まります。

貯まったポイントは面倒な手続きをせずにそのまま楽天のサービスで使うことができるので、楽天のサービスを利用する方にはとても使い勝手が良いと言えます。


楽天カードのデメリット

楽天市場などの楽天のサービスを利用しない方にとっては、ポイント還元率の恩恵を受けられないことがデメリットではないでしょうか。

楽天のサービスで楽天カードを利用する場合は最大10%もポイント還元されますが、通常ですと1%しか還元されないので、物足りない感じがしますね。

ただ、先に述べたように、楽天カード加盟店では3%も還元されるので、別会社のクレジットカードと比べると高還元率となります。

楽天のサービスをあまり利用しない方でも、楽天カード加盟店のお店をよく利用する場合は、ポイントを多く貯めることができます。

また、楽天のサービスを利用する場合はポイントをすぐに使うことができますが、楽天のサービスを利用しない場合はマイルなど、他のポイントに交換する必要があるので少し手間かもしれません。

ただ、楽天ポイントは楽天Edyにチャージすることができるので、楽天Edyを利用していれば、電子マネーとして様々な支払いに利用することができます。


楽天カードのメリット

やはり、楽天カード最大のメリットは、楽天のサービスで利用する場合のポイント還元率の高さです。

最大で10%ポイント還元されるので、1000円の買い物で100円、1万円の買い物で1000円分もポイントがつきます。

楽天市場でよく買い物をしているのに楽天カードは使っていない!という方は、すぐに作ることをおすすめします。

楽天カードの年会費は永年無料ですが、新規入会するだけで5000~8000円相当(時期やキャンペーン内容によって変動有り)のポイントが貰えるので、大変お得です

また、クレジットカードをネットショッピングで使う際に、カードの情報が不正利用されないか不安だという方も多いのではないでしょうか。

万が一楽天カードをネット上で不正利用された場合、不正利用された金額を補償してくれる「ネット不正あんしん制度」が自動付帯しています。

楽天のサービスはもちろん、楽天以外のサービスで利用した場合も補償してもらえるので安心ですよね。
また、先にも述べましたが、旅費を楽天カードで支払うだけで、海外旅行傷害保険を無料で利用することができます。

楽天トラベルで申し込む場合は、ポイントも2倍となるので、ダブルでお得です。


ポイントをお得に貯めながらクレジットカードを利用したい方におすすめ!

楽天市場で買い物をする方はもちろん、楽天トラベルなど、楽天のサービスを利用することがある方は、楽天カードを利用することによって効率良くポイントを貯めることができるのでおすすめです。

また、よく海外旅行に行く方は、楽天カードを使うことで補償の厚い海外旅行傷害保険を利用できるので、とてもお得です。海外でも幅広い地域で使える「VISA」や「MasterCard」といった国際ブランドを選択できるので、海外での買い物シーンでも大活躍します。海外でのショッピングももちろんポイントが貯まります。

クレジットカードを使っているけれど、あまりポイントが貯まらないし、貯まっても手続きが面倒で使わずにポイントの有効期限が切れた・・・という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

楽天カードは、貯まったポイントは楽天のサービスで使用したり、楽天Edyにチャージして電子マネーとして利用することができるので、ポイントの有効期限を気にせず使いきることができます。

ポイントの管理がめんどくさい!でもお得にポイントを貯めたい!という方にうってつけのクレジットカードです。



関連記事

  1. 三井住友銀聯カードが中国駐在・留学に超便利な理由。
  2. 米Amazon発行の「還元率5%」ブラックカードを徹底解説!
  3. ジザイルカードはいつでも3倍の還元率でポイントが貯まる!
  4. クレジットカードの作り方と賢いカードの選び方【初心者用】
  5. クレジットカードの券面別おすすめカードを徹底比較

最新記事

おすすめ記事

  1. 合同会社がビジネスカードを作成するためのポイントを徹底解説!
  2. ANA法人カード4種類を徹底比較!あなたに最適な1枚はこれだ
  3. JAL法人カードでフライトマイルを貯めてお得に使おう
PAGE TOP