クレジットカード

三井住友銀聯カードが中国駐在・留学に超便利な理由。

中国に駐在したり、留学に行く予定はありますか?もしそうなら、中国でのお買い物をもっと安全に、楽しくするクレジットカードがあったらいいと思いませんか?

実は三井住友銀聯カードを持っていると、中国の様々な場所でお買い物ができるようになります。また、三井住友銀聯カードを持っている方が現金を持ち歩くよりも、もっと安全なのです。

三井住友銀聯カードは、日本でお馴染みの三井住友銀行と中国でメジャーな金融会社である銀聯(ぎんれん)がコラボして作ったクレジットカードです。

異国の地である中国でのお買い物は、不安になる場面もありますよね。三井住友銀聯カードは、中国での買い物をより安全にする便利なカードです。例えば買い物時の2重本人確認決済や、困ったときの日本語ダイヤルなどのサービスが利用できるので、安心してお買い物が楽しめるのです!

この記事では、中国へ行くことの多い方、中国へ転勤や留学に行かれる方に向けて、三井住友銀聯カードの特徴や、このカードを利用することで得られるメリットについて解説していきます!


中国に行くなら三井住友銀聯カード

三井住友銀聯カードは、中国に長期間滞在する方なら持っておきたい一枚です。 ですが中には「今、日本で利用しているクレジットカードを使えば良いんじゃないか」と思う方もいるかもしれません。 ところが実際には、中国では日本で使えるクレカが使えないことの方が多いんです。

中国は未だ貧富の差が激しいことから、信用情報が命となるクレジットカードは浸透していません。代わりに、銀聯(ぎんれん)という金融会社のブランドのデビットカードが多く使われています。そのため中国国内では、JCBなどのブランドのクレジットカードが使える場所がとても少ないです。

そのため、中国に銀聯カードを持っていくことで、色々な場所で買い物が楽しめるようになるのです。

三井住友銀聯カード
デザイン
申込資格
満18歳以上(高校生除く)
家族カード
あり。家族用に別のカードが発行され、引き落とし口座は同じものとなる
支払方法
1回払い。月末締め翌月26日支払or15日締め翌月10日支払
ショッピング利用枠
10~80万円のみ
年会費
無料。発行手数料は本会員、家族会員共に無料。更新手数料が5年毎に発生する。
(本会員1000円、家族会員500円)
ポイント・特典
ワールドポイント1000円利用=1ポイント
銀聯コールセンター照会受付サービス
利用可能店
三井住友銀聯カードは店頭での買い物専用カード。キャッシング枠は0円ですので、ATMで人民元を引き出したり、通販を利用することはできません。

それだけ聞いたら「なんだ、不便じゃないか」と思われる方もいるかもしれませんが、実はこれ、セキュリティ上のメリットがかなり大きいのです。

決済には三井住友銀聯カードの暗証番号とサインが必要です。つまり、あなた以外の人があなたのカードを使うことは出来ないようになっています。さらに、クレジットカード番号が流出して通販で勝手に買い物をされる被害なども防ぐことが出来るんです。


気になる三井住友銀聯カードのレートと手数料

三井住友銀聯カードの利用料金は、日本の口座から引き落とされます。人民元で買い物をして、日本円で引き落とし。つまり為替などの関係で若干、日本円での引き落とし額が変わってきます。

つまり、実際にあなたの口座から引き落とされる金額は、三井住友銀行の手数料2.5%と日本円人民元の為替レートを足して、後で掛け算をした金額。この日本円と人民元の為替レートについては、そのときの為替レートによって変わります。

手数料と聞くと「高い、損」といったイメージがあるかもしれませんが、実は三井住友銀聯カードの利用手数料は他と比べてかなり安いのです。

実際、日本の空港で人民元を両替すると手数料が高く、かなり損になります。現地の空港での両替も、多少手数料は安くなりますが、一番手数料が安いのは三井住友銀聯カードです。

また、三井住友銀聯カードを持たず人民元をキャッシュで持ち歩いていて、帰国する際に余ってしまったら…。高い手数料を支払って、再両替をする羽目になってしまいます。

やはり、そうなる可能性も踏まえて、やはりキャッシュよりも三井住友銀聯カードを初めから持っていた方がお得です。


中国に行くならメリットたくさん

三井住友銀聯カードをせっかく作るなら、色々なメリットがあった方が良いですよね。

実は、三井住友銀聯カードを中国で利用すると、口座開設の手間を省けたり、セキュリティ面などで様々なメリットがあるのです。


買い物が安心してできる、二重の本人確認

異国の地である中国で、カードで買い物をするのは怖いと感じることもありますよね。三井住友銀聯カードは、暗証番号とサインの二重確認をしないと決済できないようになっているので安心です。現金で買い物をした場合、お釣りで偽札を返される危険も避けられます。

日系ホテルが割引価格で利用できる

日系ホテルを利用する機会があったら、できればお得に泊まりたいですよね。

ホテル・ニッコー上海、ホテル・ニッコー天津、ホテルニューオータニ長富宮などの日系ホテルが優待価格で利用できます。場所によっては、エグゼクティブサロンの会議室の2時間利用無料、Yシャツ1日1枚のクリーニング無料が付いてきます。

Yシャツは持ち運びなどの際にすぐ皺が寄りがちですから、ホテルできれいにしてくれるサービスが付いているのはかなりのメリットです。

中国で口座を開設しなくて済む

もちろん中国に行ってから中国の銀行で口座を開設して、銀聯の銀行キャッシュカードを作ることもできます。しかし、日本に在住しているほとんどの方は、日本円をメインで使っていると思います。そのことを考えると、現地で口座を作るのはあまりメリットがありませんね。

三井住友銀聯カードを日本で作っておけば、わざわざ人民元の口座を開設する必要が無くなります。

現金を持ち歩かなくて済む

海外で買い物をする際は特に、泥棒やスリなどの被害が心配ですよね。三井住友銀聯カードを持つ1つのメリットとして、多額の人民元を持ち歩かなくていいことが挙げられます。

もし紛失したり盗られたりしたら、カード会社に連絡をしてカードを停止してもらえばOKです。これは安全上のメリットの1つ。現金を盗られたらどうしようも無くなってしまいますが、カードであれば利用停止という手段があります。

日本語でナビダイヤルが使える

「中国に居るときに、三井住友銀聯カードを盗まれた!」そんな非常事態のときには、日本語で状況説明が出来たら安心ですよね。

三井住友銀聯カードについて何かあったら、中国国内から日本語のナビダイヤルが使えるのがメリットです。

不測の事態が起こったときなどは、冷静さを失ってしまうこともあります。そんなとき、自分の状況を正確に伝えたいと思ったら、やはり母語である日本語で相談出来ることは、大きなメリットです。


ポイントも貯まる三井住友銀聯カード

「三井住友銀聯カードで貯まるポイントって何?」「そもそも日本に戻ったときに使えるポイントなの?」と思いませんか?

実はそんな心配はいりません!三井住友銀聯カードは、日本の三井住友カードと共通のポイントである、ワールドポイントがガンガン貯まります。三井住友銀聯カードで1000円分利用すると、ワールドポイントが1P貯まります。これは200ポイントから景品、キャッシュ、マイレージに交換できます。

交換先の主な例をご紹介します。

  • ANAマイレージ
  • iD
  • クリスフライヤーマイレージ
  • nanaco
  • 楽天
  • Edy
  • Suica
  • ベルメゾン
  • dポイントクラブ
  • au WALLET
  • ビックカメラ
  • ジョーシン
このように、ANAマイルはじめ色々なポイントに交換できます!

冒頭でもお話ししましたが、日本で一般的なJCBやVISAは、中国では一般的では無いので、中国国内で効率的にクレジットカードのポイントを貯めることができません。

一方、三井住友銀聯カードは中国の様々な場所で使えるので、ポイントが貯まってお得です。さらに、日本で普段利用している他の三井住友カードとワールドポイントが合算出来るのもgoodです。

景品と交換したいときは、公式ホームページからカタログをダウンロードして、そこから選びましょう。日常雑貨・音楽用品・ギフト券など、色々選べて楽しいですよ。

ワールドポイントを景品と交換したいときのコツ

ポイントと景品を交換するときのコツとして、店頭で値下げが無い製品(BOSEのスピーカーなど)や、通販で注文したら重かったりかさばったりして余分な送料がかかるものを選ぶとお得。逆に、店頭や通販で既に値下げされているものは、普通に現金などで購入した方が良いです。


三井住友銀行のWEBサービス「vpass」も便利

わざわざ銀行に出向かなくても、三井住友銀聯カードの手続きは、ほとんどWEBで完結します。三井住友銀行のWEBサービスのvpassは、WEBで色々な情報を確認したり、変更できる便利な機能!

例えば、vpassで参照できる情報は以下のようなものになります。

  • カード利用状況の確認
  • ポイント交換申請
  • カード登録内容の確認と変更
このように、日本にいるとき、中国にいるとき、どこに居てもPCやスマホがあればチェックできます!

また、紙の明細だと、紛失してしまったときに探すのが面倒ですよね。vpassを利用することで、ペーパーレスで封筒保管の手間なく、いつでも情報にアクセスすることができます。


審査の流れ

三井住友銀行の審査は厳しめと言われています。

しかし、三井住友銀聯カードは店頭での買い物専用のクレジットカードで、様々な人を対象としたカードです。また、キャッシング枠は0円。これらを考慮すると、審査は寛大に行われるかもしれません。

ただし、どんな場合でも、他のクレカで延滞などの過去があると落ちる可能性が高くなるので、注意しましょう。


中国に行くなら必携の1枚

いかがでしたでしょうか。

今まで、三井住友銀聯カードが向いている人やメリットについてお話してきましたが、最後にもう一度おさらいしていきたいと思います。

以下に三井住友銀聯カードの特徴をまとめました。

  • 日本で作れて中国で一番使えるカード
  • 店頭での買い物専用なので、第三者に悪用されにくい
  • ショッピング保険付き
  • 日本語ナビダイヤルが利用可能
  • 日本の三井住友カードと共通のワールドポイントが貯まる
  • 日系ホテルなどが優待価格で利用できる
三井住友銀聯カードは、中国の出張や留学にたいへん便利なクレジットカード。三井住友銀聯カードを利用すれば、中国の色々な場所で買い物を楽しむことができます。中国に駐在・出張・留学する予定のある方は、ぜひ申し込んではいかがでしょうか。

お申し込みはこちら



関連記事

  1. 米Amazon発行の「還元率5%」ブラックカードを徹底解説!
  2. クレジットカードのポイント還元率で選ぶおすすめ5つの比較とご紹介…
  3. ジザイルカードはいつでも3倍の還元率でポイントが貯まる!
  4. 三井住友VISAクラシックカードAとクラシックカードを徹底比較

最新記事

おすすめ記事

  1. 合同会社がビジネスカードを作成するためのポイントを徹底解説!
  2. ANA法人カード4種類を徹底比較!あなたに最適な1枚はこれだ
  3. JAL法人カードでフライトマイルを貯めてお得に使おう
PAGE TOP