カードローン

無職でもカードローンの審査に通るケースとおすすめのカードをご紹介

無職でもカードローンの審査に通るケースとおすすめのカードをご紹介
「アルバイトやパートであってもご利用頂けます!」

最近カードローンのテレビCMで、こうした案内を目にすることが多くなりました。

一昔前は、正社員でないとカードローンを利用できないといったイメージもありましたが、今ではこのように、たとえアルバイトやパートなどの非正規雇用であっても申し込めるカードローン業者が大半を占めています。

ところで、今現在無職の方でもカードローンを利用することは出来るのでしょうか?

たとえば旦那さんや奥さんが稼ぎ頭になっている専業主婦(主夫)の方や、仕送りで生計を立てている学生の方、年金を収入源としている年金生活者の方など、無職に分類される方は意外と多いものです。

結論から申しますと、無職の場合であってもカードローンの利用は可能です。

しかしその際には、どのカードローン業者へ申し込むかが大切なポイントとなります。

今回は無職の方でも申し込めるカードローンと、年金生活者の方向けにオススメなとある融資制度をご紹介致します。


実際、無職でもカードローンの審査に通るのか?

一言で「無職」と言っても、実際にはいろいろなケースがあります。

ケースによって、カードローンを申し込めるかどうかは変わってくるので、ここでは以下の場合に分けて解説をしていきたいと思います。

・専業主婦(主夫)の場合
・安定した仕送りのある学生の場合
・年金受給者の場合


専業主婦(主夫)の場合

専業主婦(主夫)の方は、銀行カードローンに限って審査に通ることが出来ます。

消費者金融や信販会社をはじめとした貸金業者のカードローンは、残念ながら申し込んでも審査を通過することは出来ません。

なぜ銀行カードローンが大丈夫で貸金業者はダメなのでしょうか?

それは貸金業者を対象に設けられている「総量規制」と呼ばれる規制があるからです。

総量規制は収入の1/3以上のお金を貸してはいけないという規制ですが、この収入はあくまで本人の収入に限られています。

つまり、旦那さんや奥さんが主に収入を稼いでいる場合であっても、本人に収入がなければ、貸金業者はお金を貸すことが出来ないのです。

しかしその一方、銀行のカードローンはこの総量規制の対象ではありません。

従って、たとえ本人に収入がなくても世帯収入に基づいてお金を貸すことが出来るのです。

もちろん各行によって審査基準があるため、専業主婦(主夫)でも必ず借りられるというわけではありません。

しかし個人のカードローンと同じく、十分かつ安定した収入があれば、カードローンの審査に通過できる可能性は十分にあるといえるでしょう。


安定した仕送りのある学生の場合

仕送りを主な収入源として生活している学生の場合、専業主婦(主夫)の方と同じく、消費者金融では審査落ちとなってしまいます。

アルバイトをしていて少額でも安定した収入があるなら話は変わるのですが、仕送りは収入として見なされず、無収入と同じ扱いになってしまうからです。

それでは銀行カードローンはどうでしょうか?

法律上「貸してはいけない」といった決まりはありません。しかし仕送りが唯一の収入源の場合、審査ハードルは通常よりも高くなります。

この場合、仕送り額は利用限度額を決めるための参考情報にはなりますが、安定収入とは見なされません。

カードローンの審査は主に親御さんの収入や勤続年数、勤務先などを基に行われ、通常の申し込みよりも通過できる可
能性は非常に低いものとなってしまいます。

確実にカードローンの審査を通りたい場合、アルバイトやパート、長期インターンなどで安定収入を確保することがより確実です。


年金受給者の場合

年金は国から毎月決まった額が支給されるため、傍目には安定収入に思えますね。

しかしカードローン審査では残念ながら、他の要因で審査落ちになってしまう可能性があります。

消費者金融・銀行を問わず、カードローンの多くは利用にあたって年齢制限があるからです。

具体的に何歳まで利用できるかは各社異なりますが、国内のほぼ全てのカードローン業者が上限年齢を65歳から69歳の枠で定めています。

65歳ですと、早期受給を申請した人でなければ受給すら出来ませんよね。

また、年金のみの収入では申し込みを断る業者が銀行・貸金業者ともに数多く存在します。

せっかく手間ひまかけて申込んだのに、これらの条件で審査落ちになっては泣くに泣けません。

年金受給者がカードローンの利用を検討する場合、まずは自身の年齢と年金収入のみでも申し込みが出来るかを確認することが重要です。


無職でも銀行系であれば申し込み可能

このように、今現在無職の方がカードローンを申し込む場合、消費者金融ではほぼ確実に審査落ちとなってしまうことが否めません。
審査通過の可能性を上げるためには、たとえ無職であっても申し込める銀行カードローン、それも申し込み条件が柔軟な銀行を選ぶ必要があります。
都市銀行、地方銀行、ネットバンクなど、今日では様々な銀行がカードローンを提供していますが、そのなかでも無職の方が申し込む際にオススメなのがみずほ銀行とレイクです。


みずほ銀行

みずほ銀行のカードローンは、銀行カードローンの中でも極めて申し込み条件が柔軟であることが特徴です。

あなたが専業主婦(主夫)で本人収入がゼロであっても、世帯収入を基に審査を受け付けてくれることに始まり、主な収入が年金のみであっても、65歳までの年齢制限さえ満たしていれば他の方と同じく申し込みを受け付けてくれます。

審査が厳しいとも言われている銀行のため、申し込んだら必ずカードローン審査に通るわけではありません。

しかし安定した世帯収入や年金収入が確認できれば、少額であってもカードローン審査に通過できる可能性は十分であるといえるでしょう。


レイク

「え? レイクは消費者金融じゃないの?」

そう思われる方も多いでしょう。

一見消費者金融のように見えますが、実はレイクは新生銀行が提供する銀行カードローンなのです。

そのため、専業主婦(主夫)や年金生活者、学生であっても、カードローン審査に通過できる可能性があります。

見た目の印象に限らず、豊富なキャンペーンや優れた利便性も消費者金融とほとんど変わりません。

その一方、高額な利用であっても収入証明が不要であったり、今回のように本人に収入がなくても柔軟な審査に応じて
くれるなど、銀行のメリットも確かに兼ね備えています。

銀行と消費者金融のいいとこ取りをしている点が、レイクの優れたメリットです。


年金担保融資を利用する方法もある

銀行カードローンであれば審査に通る可能性があるといっても、年金受給者の方はやはり年齢制限が険しいハードルとなってしまいます。

それでもお金を借りたい場合には、カードローン以外の方法として年金担保融資を検討してみてはいかがでしょうか。

年金担保融資とはその名の通り、いま受給している年金を担保にお金を借りることが出来る融資制度のことです。
年金生活者がお金を借りる手段はごく僅かに限られていることを受け、福祉医療機構という独立行政法人が提供しています。


メリット

年金担保融資は、年金を受給してさえいれば1年間に受け取る年金の8割までをほぼ無審査で借りることが出来ます。
また担保が設定される融資のため、金利も年間1.2〜1.9%と極めて低金利です。
最高年利18%のカードローンと比べると、この金利は破格であると言えるでしょう。


デメリット

低金利かつほぼ無審査であることが年金担保融資のメリットですが、残念ながら良いことばかりではありません。

この融資を利用した場合、返済は毎回受け取る年金から自動的に天引きされます。

従って、ただでさえ少ない年金の手取り額がより一層少なくなってしまうことが最初のデメリットです。

加えて、申込時に年金証書や支給額の決定通知書、借りたお金を何に使うかの使途確認資料など、様々な書類を準備する必要があります。
これはカードローンと比べると、やや手間がかかることは否めません。
しかし審査落ちの不安を最小限に留め、住宅ローン並みの低金利でお金を借りられることを考えると、このデメリットがあってもなお、魅力的な選択肢であるといえるでしょう。


カードローンを利用したい場合にはまずは安定した収入を

無職でもカードローンの審査に通る方法、そして年金受給者向けのカードローン以外の融資方法についてご紹介いたしました。

本人の収入が必須の消費者金融では、残念ながら借りる手段が絶たれてしまいますが……銀行であればカードローン発行の可能性が十分にあることで、光を見出だせた方も多いのではないでしょうか。

しかしカードローンの審査に通る可能性があるとはいえども、無職でカードローンを利用できる可能性はやはり非常に低いことが現状です。

確実な審査通過を目指すためには、まずは安定した収入を確保することがもっとも確実です。

アルバイトやパートでも構いません。一定額の安定した収入さえあれば、消費者金融のカードローンでもお金を借りられる可能性が十分にあります。

また、収入源があることによってより確実な返済計画を立てやすくなるメリットもあります。

すぐにお金を借りたい事情がある方には、あまり参考にならないかもしれませんが……何かあった時のために、カードだけでも作っておきたいとお考えの場合には、一つのステップとして「安定収入の確保」をオススメ致します。



関連記事

  1. カードローンとは何か?初心者向けに詳しく解説
  2. カードローンで金利を抑えるために知っておきたい4つのコツ
  3. 自己破産をした後にカードローンの審査に通ることはできるのか? 自己破産をした後にカードローンの審査に通ることはできるのか?
  4. カードローンの借り換えで失敗しないための4つのポイント
  5. カードローンを利用したい主婦必見!押さえておきたい基礎知識

最新記事

おすすめ記事

  1. 合同会社がビジネスカードを作成するためのポイントを徹底解説!
  2. ANA法人カード4種類を徹底比較!あなたに最適な1枚はこれだ
  3. JAL法人カードでフライトマイルを貯めてお得に使おう
PAGE TOP