カードローン

自己破産をした後にカードローンの審査に通ることはできるのか?

自己破産をした後にカードローンの審査に通ることはできるのか?
何らかの理由で多くの借金を抱えてしまった場合、再スタートの方法として自己破産があります。

ところが、自己破産を受けた後でもカードローンを利用する機会がなくなるわけではありません。

急な出費などで現金が必要になる機会が生じることは十分に考えられます。

その時カードローンを使えたら理想的なのですが…果たして自己破産者でも申し込み、審査に通過出来るカードローンはあるのでしょうか?

ご安心ください。自己破産したことはカードローンをはじめ、今後一切の借金が出来なくなることと同義ではありません。

自己破産後5年ほどは新たにローンを組むことやカードを作ることは難しくなりますが、それ以降であれば、業者を吟味することで新たにカードローンを契約できる可能性が十分にあります。

今回は自己破産後でもカードローンの審査に通る理由と、申し込みの際に意識しておきたいポイント、そしておすすめの消費者金融カードローンをご紹介致します。


結論から言うと自己破産後でもカードローンの審査には通る

まずは大事なことからお伝えします。

たとえ過去に自己破産をしたことがあっても、カードローンの審査に通る可能性は十分にあります。

もちろん全てのカードローン業者の審査に通過できるといった保証はありませんが、一定年数が経過すれば自己破産の記録は抹消され、普通の人となんら差をつけられることなくカードローンの審査を受けることが出来るからです。


最低でも5年は待つ必要がある

まず自己破産した事実がどこに記録されるのかを見ていきましょう。

通常、自己破産を行った場合には官報にその事実が掲載されます。

しかしこの官報、一般人はもちろん、金融機関も目にする機会はほとんどありません。

そのため掲載された事実を気にする必要はほとんどないといえるでしょう。

その一方、重視する必要があるものとして信用情報があります。

これはクレジットカードやカードローンの申し込み履歴・契約内容・利用状況が記録された金融機関向けの共有情報であり、これには自己破産したことが記録されます。

しかし気落ちする必要はありません。

信用情報機関ごとに集めた情報には保管年数が定められており、その年数を過ぎればたとえ自己破産の記録であっても完全に抹消されるからです。

機関ごとの記録保管年数は次のとおりです。

信用情報機関記録年数
CIC5年間
JICC5年間
KSC10年間



カードローン毎に加盟している信用情報機関は異なる

先ほどの表をみると、KSC記録保管年数(10年)が際立って長く感じられますね。

しかしこれを気にする必要はあまりありません。

なぜならKSCに情報を登録したり、申込時に情報を参照している加盟カードローン業者は銀行を始めとしたごく一部に限られているからです。

仮にKSCに自己破産の記録が残っていたとしても、そもそもKSCに加盟していないカードローン業者を選べば、過去の自己破産履歴を見られることなく審査を受けることが出来ます。

では具体的に、どの業者がどの信用情報機関に加盟しているのでしょうか? こちらの表を御覧ください。

カードローン名加盟している信用情報機関
モビットCIC、JICC
アイフルCIC、JICC
アコムCIC、JICC
プロミスCIC、JICC
レイクCIC、JICC、KSC
みずほ銀行CIC、JICC、KSC
楽天銀行CIC、JICC、KSC
イオン銀行CIC、JICC、KSC
静岡銀行CIC、JICC、KSC
スルガ銀行CIC、JICC、KSC
お気づき頂けましたでしょうか? KSCは銀行以外ほとんど加盟していないのです。

クレジットカード会社も対象に含めるとアメリカン・エキスプレスが加盟業者に含まれるのですが、カードローンに限って言えば、大手消費者金融は皆CICとJICCのみに加盟していることが現状です。

従って、自己破産後5年が経過していれば、審査通過の可能性は十分に芽生えてくると言えるでしょう。


申し込みブラックとは?

5年以上経過していれば、自己破産の記録は抹消されるため、カードローンの審査通過可能性は十分にあります。

しかしカードローンの業者選びにあたって、ひとつ留意しておきたいことがあります。

それは5年が経過したからといって手当たり次第に沢山のカードローンを申し込みしないということです。

信用情報では契約・利用状況に加えて、半年間の期限付きで申込情報が記録・保管されています。

これは過去6ヶ月間にどこへどんな申し込みをしたかが記録されている情報で、カードローンの審査段階で各業者が必ず参照している重要なものです。

なぜカードローンの申込情報をわざわざ記録・共有しているのでしょうか?

それは各々の申し込みが資金繰りに困って行われたものであるか否かを見分けるためであると考えられています。

例えばクレジットカードや他のカードローンの支払いに困り、つなぎ目的で手当たり次第に申し込みをかけている方へお金を貸すのは非常に危険なことです。

自転車操業状態を後押しすることになってしまい、貸し手・借り手ともに悪い結果に至る可能性が高いからです。

それを防ぐために信用情報機関各社では、カードローンの申込情報も記録・共有を行っています。

具体的に申し込み件数の制限があるわけではありませんが、数多くのカードローンに申し込みを一度にかけてしまうと、カードローンの審査内容に響く「申し込みブラック」となってしまう可能性が高くなります。

残念ながら審査落ちになってしまった場合、すぐ他の業者の申し込みをするのではなく、ある程度間隔を空けて再度申し込みをすることが大切です。


自己破産後に申し込む際のポイント

自己破産の記録がなくなったからといって、どのカードローンを申し込んでも大丈夫というわけではありません。

審査通過の可能性が高いカードローン業者を選択し、さらに通りやすくなるための一工夫を加えることが重要となります。


以前利用していた会社のカードローンは作らない

まず最初に、以前利用していた会社のカードローンは、たとえ5〜10年が経過しても申し込まないようにしましょう。

確かに信用情報は、5〜10年が経過すれば自己破産の記録も含めて抹消されます。

しかしカードローン業者に対して「5〜10年経ったら自己破産者の情報は削除するように」といった規制や決まりは設けられていません。

おそらくほぼ全てのカードローン業者では、自社における過去の自己破産履歴は保管されていることが推察されます。

その場合、仮に申し込みをしてもすぐ審査落ちになってしまうことは避けられません。

新たにカードローンの申し込みをする場合には、これまで取引のなかったカードローン業者を選択することが大切です。


借り入れ希望額は最低限にする

5〜10年経てば自己破産の記録は消えますが、一方で他の記録もあわせて抹消されてしまいます。

悪い情報が消える一方、良い取引実績を残しておくことも出来ないのです。

そのため、最初の借入希望額は出来る限り少額に留めておくことが重要です。

とはいっても心配は無用です。

カードローンの申込時には最低額でも、ちゃんと実績を積み上げていけばすぐに増額の提案がされることは確実だからです。

それを踏まえてまず最初は、最低額で申し込みをかけることにしましょう。


銀行よりも消費者金融の方が審査に通過する可能性は高い

自己破産後、最初に申し込みをする場合には銀行よりも消費者金融のカードローンがオススメです。

KSCに加盟していないため、自己破産後5年が経過したら申し込み出来ることに加え、銀行よりも審査が易しい傾向があることが最大の理由です。

銀行のカードローンと比べて金利が高いデメリットがありますが、後々銀行カードローンへの鞍替えを前提として申し込むことももちろん出来ます。

確実な審査通過を優先して、まずは消費者金融系カードローンの申し込みが最も堅実な選択肢であるといえるでしょう。


カードローンを作れても油断はしない

無事にカードローンを作れた場合でも、油断をしてはいけません。

先ほど解説した信用情報には、毎月の利用情報が登録されています。

仮にカードローン返済が滞ってしまった場合、いくらの返済を何日延長してしまったかが記録されるため、後々他のクレジットカードやカードローンを申し込む場合に足かせとなってしまう可能性が非常に高いのです。

また、せっかく5年をかけて信用情報をまっさらにしたのに、早速延滞情報を残してしまうのはあまりにももったいないものです。

良いカードローンの返済実績を積めば増額やより低金利のカードローンへの借り換えにもつながるため、決して油断することなく、堅実かつ盤石な利用を心がけていきましょう。


審査が不安な方におすすめの消費者金融

それではここで、自己破産後の申し込みにもオススメな、審査が易しいことで定評のある消費者金融を3社ご紹介します。


アコム

テレビCMを目にすることの多いアコムは、アルバイトやパートであっても申し込めることをはじめ、柔軟な審査を行っていることが第一の特徴に挙げられます。

カードローンの審査が易しいだけではありません。

返済期日は毎月1回だけでなく35日ごとに指定することも出来、繰り上げ返済やより自由度の高い返済計画を立てていきたいと考えている方にとって役立つ仕組みが設けられています。

自己破産から5年が経過し、家計の管理能力が鍛えられた方にとっては役立ってくれそうですね。

また、カードローンと併せて自社発行のマスターカードを併せて作ることも出来るため、自己破産後の再スタートの第一歩として選ぶにも最適なカードローンであるといえるでしょう。


アイフル

大手カードローン業者の多くが銀行グループの傘下に属する中、今なお独立した業者として営業しているのがアイフルです。

長年の審査ノウハウに基づいて独自の審査を行っているため、自己破産者であっても利用しやすいことに加え、最低希望額が5万円から選べる点が大きな特徴です。

他のカードローンでは10万円からの利用が一般的ですが、アイフルではごく少額の利用希望者を対象として5万円から申し込むこと
が出来ます。

これは自己破産した方が最初の申し込みとして選ぶのにも最適なものです。

もちろん実績を積み上げて増額していくことも大いに期待できるでしょう。


プロミス

三井住友フィナンシャルグループ傘下のプロミスは、柔軟な審査によって自己破産者にも申し込める可能性が十分にあることに加え、無利息キャンペーンや無料提携ATMが多いことなど、様々なメリットがあるカードローン業者です。

まず初めての利用の場合、最大30日間まで無利息でお金を借りることが出来ます。

他社の無利息キャンペーンでは契約日から30日を対象にしていることが大半のため、使えそうで使えないキャンペーンであることが多い一方、プロミスであれば30日間フルに利息一切ゼロの期間を使い倒せる点が魅力です。

その他、会員ページのログインや書類のWEB受け取りによってポイントを受け取ることが出来、それを用いて何度でも無利息期間を適用できる他、三井住友銀行のATMを手数料無料で使えるなど、付帯サービスの充実度もなかなかのものです。


コラム:自己破産後に自動車ローンや住宅ローンは組める?

自己破産後でも最低5年が経過すれば、カードローンの審査は問題ないことはただいまご紹介したとおりです。

それではその他のローン、たとえば自動車ローンや住宅ローンはどうでしょうか?

カードローンに限らず、他のローンであっても自己破産後5〜10年で記録は完全に抹消されますので、自己破産がネガティブに響くことはありません。

しかしひとつ注意しておきたいこととして、自動車や住宅など金額の大きなローンを組む場合には、実績の積み上げが必要となりま
す。

たとえばカードローンやクレジットカード、携帯端末の分割払いなどを長期間遅延なく支払ってきた記録が、ローンを組む上での重要な実績となります。

これがない場合、「長期かつ多額のローンを組んでもちゃんと返してもらえるのだろうか…」と不安に思われてしまうため、たとえ自己破産から年数が経過したとしてもローン審査の通過は非常に厳しくなってしまいます。

従って、たとえごく僅かな利用や支払いでもかまわないので、地道に利用・返済の実績を積み上げることを忘れないようにしましょう。

自動車・住宅ローンを組むためには5年待ち続けることに加え、この実績作りも考慮していくことが大切です。



関連記事

  1. カードローン比較の4つのポイントとおすすめカードのご紹介!
  2. カードローンで金利を抑えるために知っておきたい4つのコツ
  3. カードローンを在籍確認なしで使うには?
  4. カードローンで即日借り入れを成功させるための6つのポイント
  5. カードローンを上手に返済するために知っておきたいポイント カードローンを上手に返済するために知っておきたいポイント

最新記事

おすすめ記事

  1. 合同会社がビジネスカードを作成するためのポイントを徹底解説!
  2. ANA法人カード4種類を徹底比較!あなたに最適な1枚はこれだ
  3. JAL法人カードでフライトマイルを貯めてお得に使おう
PAGE TOP