カードローン

カードローンで金利を抑えるために知っておきたい4つのコツ

できるだけ金利負担を減らしたい方は必見です!

カードローンのサービス内容をチェックしていると、驚くほど低い金利が設定されたサービスを見つけることができます。

しかしながらそのような高スペックのカードローンは申し込みに対する敷居が高く、誰でもカードローンに契約できるわけではありません。

このページでは高スペックのカードローンに頼らずとも、自分の工夫次第でカードローンの金利を抑えられるコツをご紹介。

今すぐ実践できるカードローンの金利負担節約術を分かりやすく解説しているのでぜひ参考にしてください!



すでに取引実績のある銀行のカードローンを検討する

カードローンの金利を抑えるには、最初から金利の低いカードローンを選ぶことが金利節約のコツです。

ではどうすれば少しでも低い金利が設定されるのでしょうか?

それはすでに取引実績のある銀行のカードローンを使うこと。

ここではどうして取引実績のある銀行のカードローンで金利が抑えられるのかを分かりやすく解説しています!


取引実績とは?

お給料が振込されている、公共料金やクレジットカードの代金を支払いしている、銀行でローンを使い完済したことがあるなどが取引実績となります。


どうして金利が下がる?

例えばあなたがお金を貸すときをイメージしてください。全く関わりのない人よりも、これまでに付き合いのある人のほうが安心してお金を貸すことができるでしょう。

銀行も同じでこれまでに誠実な取引を行ってきた人ならば、その分信用度は高くなります。信用度が高ければ低い金利でカードローンを使える可能性も高くなるということです。



月々の返済金額を小さくしすぎない

カードローンの金利を抑えるには、少しでも短い期間でカードローンを完済することが金利節約のコツです。

どうすれば少しでも短い期間でカードローンを返すことができるのでしょうか?

それは月々の返済金額を小さくしすぎないこと。

ここでは返済額に注意することで金利を抑えることができるのかを分かりやすく解説しています!


利息は金利だけじゃない!

実際に支払う利息は金利だけで決まるわけではありません。利息は元金、金利、そして借入期間から計算されます。借りている期間が短いほど利息は安く済みます。


返済期間を考える

お金をたくさん返せば返すほど返済期間は短くなります。逆に少しずつ返せば月々の負担が少ない分、返済期間が長くなり利息を多く支払うことになってしまいます。

毎月の返済にゆとりを持つことはもちろん大切ですが、余分に支払いできるときは繰越返済するなどして早期完済を目指しましょう!



無利息期間を設けている商品で利息の負担を減らす

カードローンの金利を抑えるには、無利息サービスのあるカードローンを選ぶことが金利節約のコツです。

無利息サービスとは利息0円でお金が借り入れできるサービスのこと。

無利息期間があればその期間は金利が一切かかりません。

ここでは無利息期間を設けているカードローンについて分かりやすく解説しています!


無利息期間のあるカードローン一覧

カードローン名基本情報特徴
プロミス【金利】4.50%~17.80%
【限度額】最高500万円
【無利息期間】30日間
【開始日】初回借入日の翌日
【最短融資】即日
アコム【金利】3.00%~18.00%
【限度額】最高800万円
【無利息期間】30日間
【開始日】契約日の翌日
【最短融資】即日
アイフル【金利】4.50%~18.00%
【限度額】最高500万円
【無利息期間】30日間
【開始日】契約日の翌日
【最短融資】即日
ノーローン【金利】4.90%~18.00%
【限度額】最高300万円
【無利息期間】7日間 ※完済ごとに繰り返し使えます。
【開始日】借入日の翌日
【最短融資】即日
新生銀行
レイク
【金利】4.50%~18.00%
【限度額】最高500万円
【無利息期間】30日間 ※5万円以下は180日間も可。【開始日】契約日の翌日
【最短融資】即日
ジャパンネット銀行
ネットキャッシング
【金利】2.50%~18.00%
【限度額】最高1,000万円
【無利息期間】30日間
【開始日】初回借入日の翌日
【最短融資】預金口座があれば即日



無利息の開始日を確認

注意したいのは無利息期間の開始日。上記の一覧表からの分かる通りカードローンによって無利息期間の開始日に違いがあります。

例えばレイクは契約日の翌日から無利息期間が開始されるので、契約後にお金を借りなくても無利息期間を消費してしまいます。無利息期間は30日間をフルに使えるようにしておきましょう。


無利息期間で大幅な金利節約!

30日間の無利息期間をフルに使うことで大幅に金利が節約できます。例えば50万円を金利18.00%で30日間借りたときの利息は7,397円。この利息がタダになるとはとてもメリットが大きいですよね!



希望融資額での金利を比較する

カードローンの金利を抑えるのは、実際に自分が融資を受けたい金額に対してかかる金利を比較して選ぶことが金利節約のコツです。

カードローンの金利は段階的に設定されているため、自分が契約する限度額での金利を把握することが大切。

カードローン初心者は上限金利や下限金利ばかりに注目してしまい、自分の金利を把握できていないことが多いのです。

ここでは金利の比較の仕方を分かりやすく解説しています!


金利を比較してみよう!


三菱東京UFJ銀行
バンクイック
イオン銀行
カードローンBIG
限度額最高500万円最高800万円
~100万円12.60%~14.60%13.80%
100万円~200万円9.60%~12.60%8.80%
200万円~300万円7.10%~9.60%8.80%
300万円~400万円6.10%~7.10%7.80%
400万円~1.80%~6.10%4.80%
バンクイックで最も低い金利は1.80%が設定されています。しかし初めての場合はカードローンの金利を比較するときには必ず上限金利で比較しなくてはいけません。これまでの取引実績がない場合は上限金利が設定されると考えましょう。


自分の金利を知る

例えば限度額300万円以下で規約するならば、イオン銀行カードローンBIGのほうが金利は低いです。しかし限度額300万円~400万円で契約するならば、三菱東京UFJ銀行のほうが金利は低いです。

このように金利は段階的に設定されているため、自分が契約する限度額で金利を比較することが大切です!



カードローンで金利負担を減らすコツまとめ

ここまでカードローンの金利を抑えるために知っておきたい4つのコツを紹介しました!

カードローンは便利でメリットあるサービスですが、金利というデメリットがあるのも事実。

しかし工夫次第ではそんなカードローンのデメリットを軽減していくことができるのです。

ここでは最後にカードローンの金利負担を減らすそのコツをまとめています!

■取引実績で節約
給与振込されている銀行、ローンを使ったことがある銀行、公共料金が引き落としされている銀行など取引している銀行のカードローンを選びましょう!

■返済して金利節約
なるべく返済期間を短くできるようにカードローンを返済することで大幅に金利が節約できます。普段はゆとりをもって返済する場合にも、なるべく繰越返済して残高を減らしましょう!

■無利息期間で金利節約
一部のカードローンは無利息期間が設定されています。無利息期間を使えば最大で30日間、借入金額にかかわらず利息がかかりません!

■比較して金利節約
カードローンは限度額に応じて金利が設定されていますから、実際に自分が融資を受ける額にかかる金利を比較して選びましょう!



関連記事

  1. カードローン比較の4つのポイントとおすすめカードのご紹介!
  2. カードローンを利用したい主婦必見!押さえておきたい基礎知識
  3. カードローンの借り換えで失敗しないための4つのポイント
  4. カードローンを上手に返済するために知っておきたいポイント カードローンを上手に返済するために知っておきたいポイント
  5. カードローンを在籍確認なしで使うには?

最新記事

おすすめ記事

  1. 合同会社がビジネスカードを作成するためのポイントを徹底解説!
  2. ANA法人カード4種類を徹底比較!あなたに最適な1枚はこれだ
  3. JAL法人カードでフライトマイルを貯めてお得に使おう
PAGE TOP