カードローン

カードローンを利用したい主婦必見!押さえておきたい基礎知識

当ページでは、専業主婦やパートで働いている人に向けたカードローンのご利用方法を完全解説します。

「教育費」「冠婚葬祭」「生活費」等様々な要因でお金が必要になるときってありますよね。
そんな突然の出費にどうしても困った主婦の方に、ぜひ知ってほしい借入についての情報をご提供します。

一般的に収入がない、あるいは収入が低いと借入の審査って通りづらい印象が強いですよね。
しかし、知識さえあれば、実は収入の有無に関係なく借入は可能です。

そこでカードローンをぜひ利用したい、もしくはしてみようかなと考えている主婦のあなたに、利用する前に知っておくべきポイントと合わせて、審査に通る為の作成方法を公開します。



主婦が借りられるカードローンはこれ

まずはじめに、主婦が借りられるカードローンのケースは主に2つ。


収入0の専業主婦が借りられるカードローン

収入の少ないパート主婦が借りられるカードローン


ざっくり言うと、「収入0の専業主婦が借りられるカードーローン」は、総量規制対象外となる「銀行カードローン」と、配偶者貸付制度を活用した「消費者金融のカードローン」です。

「収入の少ないパート主婦が借りられるカードローン」は、安定的な収入さえあれば「銀行カードローン」と「消費者金融のカードローン」の両方が選択できます。


※知らない人のために!総量規制とは何か

主婦にとって「総量規制」という規定は一番重要なポイントとなります。
なぜなら、総量規制の対象か非対象かによって、主婦の利用できるカードローンが異なってくるからです。

では、そもそも総量規制とはどういう規制なのか。

総量規制とは、貸金業者に適用される法律で、債権者の貸し過ぎ、債務者の借り過ぎを防ぐ為、原則債務者が年収の1/3以上の借入ができないように規制されたものです。
(※貸金業者…消費者金融、信販会社、クレジット会社)

そのため、専業主婦のような収入が全くない方は、貸金業者からの借入ができなくなりました。


「やっぱり、主婦は借入ができないの?」

そんなことはありません。主婦の方でも借入は可能です。


ずばり、専業主婦の方が借入を行う方法は2つ。

「配偶者貸付制度」と「銀行カードローン」の利用です。

配偶者貸付制度とは、夫の「同意書」と「婚姻関係」を示す公的書類を提出することができれば、主婦の収入の有無に関係なく、貸金業者からも借入ができる制度です。(配偶者貸付制度についての詳細は後述)

銀行カードローンとは、総量規制の対象外のカードローンで、専業主婦でも借入ができる金融機関です。(銀行カードローンについての詳細は後述)

それでは、総量規制が何かわかったところで、次に銀行カードローンと消費者金融のカードローンについてご説明します。


銀行カードローン

銀行カードローンとは、銀行が提供しているカードローンで専業主婦が借入できる金融機関です。

銀行は貸金業者同様、貸金業を行う金融機関ではありますが、「貸金業法」ではなく「銀行法」が適用されている為、規制を受ける法律が異なります。

要するに、銀行は総量規制対象外に位置づけられるということです。
従って、専業主婦でも借入が可能な金融機関となります。

とはいえ、銀行カードローンも借入したお金は必ず返済しなければなりません。そのため、銀行カードローンにも収入ゼロの専業主婦に対して最低限の借入条件はあります。

それは、必須条件として夫に安定的な収入があることです。夫の収入があれば生活費から返済が可能とみなされ、収入ゼロの専業主婦でも借入が可能と考えられるからです。

ちなみに、すべての銀行で借入ができるというわけでもなく、専業主婦の方は申し込めないという銀行もありますので、お申込みの際は各カードローンの申込条件をきちんと確認しておくと良いでしょう。

■銀行カードローンの特徴

  • 低金利で返済負担が軽い

  • 銀行カードローンは消費者金融よりも圧倒的低金利の借入!その分返済に必要な利息が少なく、返済の負担が軽いことが銀行カードローンの一つのメリットです。

  • 収入証明、同意書がなくとも申し込める

  • 同意書や収入証明書等の書類を必ずしも提出する必要はありません。希望によっては家族に内緒で借入をすることも可能!

  • 即日融資可能

  • 従来の銀行カードローンは、消費者金融と比べて審査速度が遅かった為、即日融資が困難でした。しかし、近年では銀行も消費者金融のように審査速度を上げ、最短で即日審査・即日融資が可能です。

消費者金融カードローン

消費者金融とは、主に個人向けに小口融資を無担保で行っている貸金業者、いわゆるノンバンクのことを指します。

また、銀行と対照的な消費者金融の特徴として、貸金業者である消費者金融は、貸金業法で定められた総量規制によって、原則として収入のない専業主婦への貸し出しはできません。

しかし、パートで安定的な収入がある場合や配偶者貸付制度がある会社であれば、主婦であっても消費者金融カードローンは申込みが可能です。

■消費者金融の特徴

  • 無利息期間サービス

  • 消費者金融の中には条件次第では、一定期間利息がかからない無利息期間サービスを提供している会社があります。

  • 審査のスピードが速い

  • 銀行カードローンと比べて審査のスピードが断然速いです。会社にもよりますが、早ければ、30~40分程度で完了!

  • 即日融資可能

  • 上記の通り、消費者金融は銀行と比べて、即日審査スピードが圧倒的に速いです。そのため、即日融資も素早く可能となります。1分でも早く融資を急いでいる方は、断然消費者金融がオススメ!

ちなみに配偶者貸付制度とは

配偶者貸付制度とは、総量規制の例外枠で設けられた、夫婦の合算した年収の1/3まで借入ができるという制度です。

そのため、本来総量規制によって借入が不可能な専業主婦の方でも、夫の「同意書」と、夫との「婚姻関係」を証明する公的書類を提出することで、「夫の年収の1/3まで」借入ができることになります。

ただし、この場合家族に内緒で借入するということはできません。
また、50万円以上の借入を行う場合にはプラスで「収入証明書」が必要となります。

既に夫に借入がある場合は、配偶者貸付での借入可能額は夫の借入額を引いた金額となります。
計算式で表しますと以下の通りになります。

{既存する借入残高(夫婦の合計)}÷ { 年収(夫婦の合計)}≦ 1/3

続いて、借入までの流れ、申し込み方法・条件、審査基準を解説します。



カードローンの申込方法~簡単4ステップ~

次に、初めてカードローンを利用する主婦の方、そうでない方でも、カンタンでわかりやすい申込方法と審査通過のテクニックをご紹介します。


①申込み手続き

店頭窓口からインターネットまで申込み方法は様々で、ご自身のご都合に合わせて選択することが可能です。

インターネット申込みなどは、自宅やネット環境のある場所であれば、どこからでも申込みができます。人目を気にせず簡単に申込みがしやすいです。

また、口頭説明を受けながら申込み手続きを進めたい方は、電話や店頭窓口がおすすめ!
     
    ☑インターネット(24時間365日申込み可能)
    ☑電話(フリーダイヤルで無料
    ☑郵送(急ぎの場合や家族に秘密にしたい場合は不向き)
    ☑自動契約機(営業時間が長い)
    ☑店頭窓口(店頭でしか申込みができない金融機関もある)
※注意:銀行によっては、申込む銀行の(申込者本人名義)口座を開設していなければ、申込み不可のケースもありますので、申込み要項をきちんと確認すると良いでしょう。


②審査結果の連絡

審査の結果はメールや電話で連絡されます。また、審査時に利用限度額も決定します。
審査結果の連絡までにかかる時間は、遅いところで1週間程度、早いところで30分!

その他に、申込み内容に不明な点等があった場合は、確認の電話やメールでの問い合わせの連絡がくる場合もあります。

連絡がなかなか取れなかったりすると、最悪の場合審査通過が取り消しになる恐れもありますので、連絡先は間違いのないようにしましょう。


③契約手続き・必要書類の送付

審査通過後は契約を結びます。その際に本人確認書類や収入証明書の提出をします。書類提出はすべて有効期限内のものを用意しましょう。

申込みの時点ではまだ用意していなくても大丈夫ですが、契約手続き時には必ず必要となります。

※注意
本人確認書類の運転免許証や健康保険証は両面の画像が必要。
収入証明書は以下の条件に当て嵌まる場合提出します。
以下の条件に当て嵌まらない場合は提出不要です。

     
    ☑銀行で収入証明書が必要となる額の借入を希望する場合。
    ☑消費者金融で50万円以上の借入を希望する場合。
    ☑既に他行、他社から借りている場合に、現在の借入金額と今回希望する借入金額を合算して合計100万円以上となる場合。 

④契約・カード発行

基本的なカードの受け取り方法は、「店頭」・「郵送」・「自動契約機」の3つ

     
    ☑「店頭」
    来店時に書類を提出し契約書を作成。最後にカード受け取り。
    ☑「郵送」
    カード共に契約書類が自宅に郵送。契約書類に必要事項を記入し、必要書類と一緒に返送。
    ☑「自動契約機」
    必要書類を契約機にスキャンして審査。審査通過後、その場で契約書に必要事項を記入し、カード発行。
最近ではその他に、インターネット上で申し込みから発行までの流れをすべて行う「ネット完結」の方法も増えてきています。


★以上で借入れの準備は完了です!

続いて、確認必須項目「審査基準」をみていきましょう。



おさえておこう!主婦が審査に通るための秘訣

申し込み方法の次は審査基準です。申し込み方法だけを把握しているのと、審査基準も一緒に理解しているのでは、審査が通過する確立は雲泥の差です。

言ってしまえば、審査基準をよく把握せずに申し込みをしても、審査が通過せずに結果カード―ローンが発行できないなんてこともありえます。

また、カードの申し込みは審査に通っても通らなくても、申し込んだ段階で申し込み情報が信用情報機関に一定期間記録されます。

そのため、申し込みブラック防止も兼ねて確実にカードローンを利用する為にも、申し込み方法と合わせてしっかりと審査基準を把握しておく必要があります。

では、そのカードローン発行にあたって肝心な審査基準の内容ですが、実際のところどの金融機関も明確な審査基準というものは公開しておりません。
そのため、あくまで審査基準の傾向としてご説明します。

まず、「銀行カードローン」と「消費者金融カードローン」では総量規制の関係上、審査基準も異なってきます。
それぞれ別々にご説明します。

■専業主婦が銀行カードローンで借りる場合(総量規制対象外)

    「収入」
    夫に安定的な収入があるか。これはどこの銀行でも専業主婦の場合必須条件です。
■パート主婦が消費者金融で借りる場合(総量規制対象内)

    大きくわけて、主に「収入」「債務残高」「返済履歴」の3つを重点的にみられます。

    「収入」
    一般的には、年収200万円のラインが審査基準を左右します。しかし、貸し倒れを防ぐ為、返済能力を考慮し、収入の高さより、安定的であるかどうかの方が重要視されます。

    「債務残高」
    返済先が多ければ多い程、返済能力が分散される為、審査が厳しくなります。また、仮に審査に通ったとしても、借入の限度額が小さくなってしまう可能性は充分にあり得ます。

    「返済履歴」
    一般的に2ヶ月以上の滞納をすると履歴に傷がつき、信用力が低くなります。信用力が下がると審査に大変不利です。滞納履歴は借入に限ったことではなく、携帯代、保険料、公共料金、家賃等、様々な支払いに関してカウントされます。


※審査に通らない理由!その落とし穴とは

審査内容は一切非公開となっている為、審査に落ちた理由はどの金融機関においても知ることができません。

しかし、傾向の予測からいくつか考えられる要素があります。そちらをご紹介します。


■直接的な理由

  • 入力ミス

  • 契約手続きに必要な記入事項に誤字、脱字等の入力ミスが1文字でもあった場合、不備として扱われ一切受理されません。

  • 虚偽の申請

  • 如何なる理由、内容であろうと虚偽の申請は悪質とみなされ受理されません。

  • 申込み資格、条件適用外

  • 総量規制に沿った申込みや各金融機関の諸条件を満たさなければ受付けてもらえません。

  • 返済の遅延、滞納を繰り返している

  • 何度も繰り返し遅延・滞納履歴があると、信用力や返済能力が低いとみなされる可能性が大きくなります。

  • ブラックリスト歴がある

  • 審査では必ず個人信用情報機関を照会するので、債務整理歴があると時効になるまで審査には一切通りません。

■関節的な理由

  • 年齢

  • 経済力の安定しやすい30~40代が審査通過に有利です。

  • 住居の種類、年数

  • マンションより一戸建て、賃貸より持家というように住居の種類によって有利度が変化します。また、賃貸でも長い間居住し家賃をきちんと支払続けているのであれば、信用力や返済能力をあらわす証拠になるので審査に有利となります。

  • 連絡先

  • 連絡先に携帯電話のみではなく、固定電話があった方が有利といわれています。

  • 職業

  • 公務員>正社員>契約社員>アルバイト・パートといった評価になります。

  • 勤続年数・年収

  • 継続年数が高ければ高いほど、安定した収入と考えられ評価が高いです。しかし年収が低すぎると、返済能力に期待ができない為評価が下がります。

  • 他社からの借入

  • 他の金融機関での借入が既にある場合は、その借入も加味されてしまいますので、望ましい状態とはいえません。現時点での借入がないことがベストな状態といえます。

  • 健康保険証の種類と有無

  • 健康保険証の種類である程度の職業判断が可能ですので、制度が整っている程有利に働きます。また、保険に未加入の場合は、保険料の支払いができない程に、苦しい経済力とみなされ不利となります。

  • 複数の金融機関に同時申込み

  • 短い期間内にいくつものの金融機関に申請をすると、余程金銭面が苦しい状態とみなされ、最悪の場合申込みブラックとなってしまいます。


審査基準内容が分かったところで、自分が予想していた限度額と実際の限度額が全然違うなんてことが起こらないよう、次に重要な「実際に借りられる限度額」を把握しておきましょう。



知っておきたい、実際に借りられる限度額とは

カードローンの借入限度額は審査時に決定されます。
審査の判断材料となるものは、年収、職業、他の金融機関の借入や返済状況等から総合的に判断されます。

とりわけ「収入」のポイントは大きく、安定収入が多い程、上限額も高く設定される傾向があります。

また、返済能力もみられるため、既に他の金融機関での借入があるか、返済等に滞りがないかもチェック項目になります。


■銀行の場合

銀行は「年収1/3まで」の規制はありませんが、専業主婦の場合、夫に安定した収入があっても、夫の収入のみで生活と返済条件を考慮し、専業主婦の最高限度額は低く抑えられているのが実態です。

そのため、夫の収入が多くても限度額が増額することはありません。
銀行カードローンでは概ね30~50万程度の限度額設定が多いです。

カードローン名特徴
東京三菱UFJ銀行【限度額】専業主婦は30万円まで
【金利】4.6~14.6%
みずほ銀行 わたし応援ローンMyWing【限度額】30万円
イオン銀行カードローンBIG【限度額】専業主婦は50万円まで
【金利】3.8~13.8%
じぶん銀行【限度額】30万円
セブン銀行
【限度額】50万円
楽天銀行スーパーローン【限度額】 専業主婦は50万円まで
【金利】4.9~14.5%

■消費者金融の場合

消費者金融の借入限度額は総量規制対象内で「年収の1/3まで」と決まっています。つまり、原則的に限度額は年収の1/3までといます。

しかし実際は審査次第(審査基準考慮の上)で、限度額最大まで借入することはそう多くはありません。

総量規制の計算式

消費者金融の借入上限額 = 年収の1/3まで

カードローン名特徴
プロミス【限度額】1万~500万まで
【金利】4.5~17.8%
モビット【限度額】1万~800万までで
【金利】3.0~18.0%
アコム【限度額】1万~800万まで
【金利】3.0~18.0%

知っておこう!

★パート主婦の場合はこの限りではなく、銀行、消費者金融どちらでも借入が可能です。また限度額も審査次第で決定!
★原則専業主婦は増額が難しいのですが、取引実績を積めば専業主婦であっても増額の可能性有り!


限度額もわかれば、次は早くカードローンが利用できたに越したことはないですよね。
カードローンの即日融資や発行にはいくつかのポイントがあります。そこを抑えておけば、最短でカードローンの利用が可能となります。一緒に確認していきしょう。



最短希望なら必見!即日融資・発行する条件

主婦であれば何かと家計、教育費、急な出費で頭を抱えることはありますよね?

そんな急な出費だからこそ、一時間でも早く融資を受けたいのが本音ですよね。
そこで、即日融資・発行をする為の条件をまとめてみました。ぜひ、ご活用ください。

  • 予め口座開設をしておく

  • 口座開設が条件となっている金融機関は口座開設後に審査がスタートしますので、即日融資を希望する場合は、口座開設が条件となっていない金融機関を選択するか、事前に口座を開設しておくことが必要です。

  • 締め切り時間を把握しておく

  • 大抵の金融機関には各々即日融資が可能となる契約時間の締め切りを設けています。その指定された契約時間の締め切り前までに契約が完了すれば即日融資が可能となります。
    そのため、審査通過後すぐに融資を希望する場合は、締め切り時間に注意する必要があります。

    注意:締め切り時間は申込みの時間ではなく、契約完了の時間です。間違えないようにしましょう。

  • WEB完結での即日融資

  • 近年、WEB完結という申込み方法で、インターネットから申込みいただいた方だけ即日融資可能というケースもあります。こちらはスマホからでも操作可能!

    この他にも、各行、各社、即日融資条件は異なるので、実際に申込む際は希望先の金融機関にきちんと確認をすることが大切です。

以上、カードローンの仕組みや利用方法等についてはご理解いただけましたでしょうか?


「早速申し込みの準備をしよう!」と思うかもしれませんが、でも「どこに?」

まだ、肝心な金融機関の選択が出来ていません。

金融機関と一口に言っても、かなり多くの金融機関が世の中には存在しています。その膨大な数の中から自分に最適な金融機関を見つけ出すのは手間暇がかかってしまって中々大変です。

しまいには、「結局どこにしたらいいの?」なんて迷走することもあります。

そこで、なるべく時間を短縮してカードローンの利用を可能にする為にも、いくつかおすすめの金融機関をご紹介します。
ぜひ、そちらをご参考に自分に合った金融機関を探してみてください。



収入の少ないパートが借りることのできるおすすめのカードローン

主婦でも安心で借りやすい、まさに主婦のために厳選された「レディースローン」をご紹介します。

レディースローンとは、その名の通り女性だけが借りられる「女性限定」利用のカードローンのことです。

レディースローンの特徴として、「女性限定」利用に絞ることで、女性の立場に寄り添って、充分に配慮された審査基準を設けてくれています。

そのため主婦にとって非常に優しくて借りやすいオススメのカードローンの一つといえます。

カードローン名特徴
新生銀行カードローン レディースローン【限度額】1万~500万まで
【金利】4.5~18.0%
※無利息サービス有り
ベルーナノーティス【限度額】1万~100万まで
【金利】15.00~18.00%
レディースキャッシングエレガンス【限度額】1万~50万まで
【金利】10.00~20.00%
※来店不要、即日融資可能、審査最短30分
レディースローン以外はこちら

カードローン名特徴
アコム【無利息期間】最大30日間
【審査時間】最短30分
【最短融資】即日
プロミス【無利息期間】初回30日間
【審査時間】最短30分
【最短融資】即日
【手続き】WEB完結対応
※専業主婦不可
三菱東京UFJ銀行カードローン【審査時間】最短30分
【最短融資】即日
三井住友銀行カードローン【審査時間】最短30分
【最短融資】即日
自分銀行カードローン
【最短融資】手持ちの口座に即日
【金利】AUユーザーなら金利0.1%優遇

いかがでしたか?

これなら主婦の方でも安心して無理なく、必要に応じた借入ができるのではないでしょうか?
今では主婦の方でカードローンを利用している方は少なくありません。

ぜひ、あなたもこれを機にカードローンをつくってみてはいかがでしょうか?
あなたの生活に役立つこと間違いなしですよ!




関連記事

  1. カードローンの在籍確認を徹底解説!事前に準備をすれば焦らない!
  2. カードローンで金利を抑えるために知っておきたい4つのコツ
  3. カードローンで即日借り入れを成功させるための6つのポイント
  4. カードローンの限度額について徹底解説!年収との関係は? カードローンの限度額について徹底解説!年収との関係は?

最新記事

おすすめ記事

  1. 合同会社がビジネスカードを作成するためのポイントを徹底解説!
  2. ANA法人カード4種類を徹底比較!あなたに最適な1枚はこれだ
  3. JAL法人カードでフライトマイルを貯めてお得に使おう
PAGE TOP