カードローン

カードローンの限度額について徹底解説!年収との関係は?

カードローンの限度額について徹底解説!年収との関係は?
一度契約を済ませておけば、何度でも借り入れ・返済ができるカードローン。

数十万円、数百万円単位の資金をスピーディーに確保できるため、急ぎで多額の資金が必要となった場合にとても便利です。

しかしカードローンは、きちんと返済すればいくらでも借りられるわけではありません。

カードローンには限度額が設けられています。そしてこの限度額の範囲内でのみ繰り返し取引が可能となります。

カードローンがいくらまで借り入れできるのかは個人によって違いがあります。

このページではカードローンの限度額はどのように決まっていくのかを分かりやすく解説。

できるだけたくさん借りられるカードローンをお探しの方はぜひ参考にしてください!


どのようにカードローンの限度額は決まるのか?

総量規制とは年収の3分の1を超えた借り入れを規制する法律で、カードローンの限度額は総量規制に基づいて設定されることになります。

基本的に総量規制の範囲を超えて、カードローンの限度額が設定されることはまずありません。

総省規制のルール以外にもさまざまな要素が審査に影響を与え、カードローンの限度額が設定されています。ここでは審査に影響を与える重要な要素について解説しているので参考にしてください。


年収

年収はカードローンの限度額が決まるうえで、最も大切な要素です。年収が多ければその分カードローンで多くのお金を借りることができ、年収がゼロの場合は原則としてカードローンでお金を借りることはできません。

カードローンの限度額は年収の3分の1を超えて設定されることはまずありません。カードローンで50万円を借り入れするには年収150万円以上、200万円以上借り入れするには年収600万円以上が必要となります。

総量規制に該当しない銀行系カードローンや総量規制の例外となる借り入れについては、3分の1を超える限度額が設定される場合があるものの、基本的には年収の3分の1未満がカードローン限度額の目安となります。


信用情報

個人信用情報機関にはこれまでどのような信用取引が行われてきたのかが登録されています。カードローンに申し込みをすると必ず個人信用情報がチェックされます。

これまで安定した取引が行われてきたと判断されると大きな限度額が設定されやすくなり、反対に返済の遅れや多重申込などが発覚すると限度額は設定されず、カードローンは利用できなくなります。


信用情報はカードローンに申し込みをした時だけでなく、カードローンの利用中にもチェックされます。

他社を含むカードローンの取引において返済の遅れや借りすぎがあると、限度額が減額されてしまう場合があるので注意しましょう。


職業と勤続年数

一般的に公務員や上場企業など安定していると言われる職業の方、またパートやアルバイトの方よりも正社員の方のほうが大きな限度額が設定されやすいです。

勤続年数が短い方よりも勤続年数が長い方のほうが大きな限度額が設定されやすいです。逆に正社員として勤務している方であっても、短期間の転職を繰り返していると限度額は減額されてしまうので注意しましょう。


借入状況

いくら年収が多くてもすでにある他社の借入額が多いと限度額は減額されてしまいます。また短期間にカードローンの申し込みや新規の借り入れが連続していたり、借り入れ件数が多すぎる場合なども限度額は減額されてしまいます。


居住形態・居住年数

カードローン審査では居住形態が与える影響はとても大きく、財産としてよりも連絡が取りやすいかどうかが重要視されています。

例えば持ち家の方は簡単に引っ越しをしてしまうことがありませんし、社宅や官舎、社員寮などは長く住み続ける方が多くなっています。

一方賃貸アパートや賃貸マンション、下宿などにお住いの方の場合、持ち家の方と比べると引っ越しする可能性は高いです。

このように居住先が把握しやすい方は大きな限度額が設定されやすいです。また居住年数が長ければ長いほど大きな限度額が設定されやすくなります。


通常は借入額が大きくなればなるほど金利が低くなる

カードローンは通常、限度額が大きくなればなるほど金利が低くなります。

例えば一般的なカードローンで30万円を借り入れしたい場合、限度額50万円で契約をするよりも限度額100万円で契約をするほうが、低い金利が設定されるというわけです。

必要となる資金に対して、大きな限度額でカードローンに契約をすれば、その分低い金利で借り入れすることができます。

カードローンは限度額の範囲内で自由に借り入れ・返済ができるサービスです。

そのため大きな限度額を契約したとしても、契約の範囲内で必要な金額だけを借り入れすることができるためご安心を。

ただし限度額の大きなカードローンを契約することは、金利面でのメリットを感じることができるものの、一方で返済面でデメリットを感じる場合があります。

金利を節約するために、あえて大きな限度額を設定する場合は、返済方式の違いを確認しておきましょう。

限度額に応じて返済額が決まるカードローン
借入残高に関係なく、限度額に応じて設定された返済が必要となるため返済の負担を感じやすい
借入残高に応じて返済が決まるカードローン
借入残高に応じて返済額が変動するので、返済の負担を感じにくい


増額したい場合には延滞は絶対に避ける

カードローンに契約をした当初、思っていたよりも限度額が小さく設定されてしまうことがあります。

カードローンがいくら使えるのかは、年収をはじめとするさまざまな属性が影響を与えるため、属性が変化すればカードローンの限度額も変化します。

カードローンの利用中、もう少し借り入れしたい場合は増額審査を受けることができます。増額審査に通ればカードローンの限度額は総量規制の範囲内で増額されていきます。

しかしカードローンを利用する中で支払いの延滞があると、たとえ総量規制の範囲内で、限度額の増額が可能であったとしても増額審査に通ることができなくなってしまいます。

カードローン審査は小さな限度額で申し込みをするほうが審査に通りやすくなります。

将来的な増額を目指す場合は、支払いの遅れは絶対に避けなくてはいけません。


大きな限度額が魅力のおすすめカードローン

銀行系カードローンは総量規制の対象外となるため、できる限り大きな金額でカードローンを借り入れしたい方にとても人気があります。

低金利で資金確保にゆとりが持てる銀行系カードローンは住宅ローンのつなぎ融資として、一時的な資金の確保に、他社のカードローンの借り換えに利用されています。

銀行系カードローンならば数百万円単位の借り入れも十分に可能です。また金利が低いので返済の負担を感じにくく、利息をしっかりと節約できます。

ここでは特に限度額が大きなカードローンを紹介しているので参考にしてください。

Mr.カードローン

限度額
金利
返済について
最高1,200万円
【0.99%~7.99%】

10万円~100万円:7.99%
100万円超~200万円:6.39%~6.99%
200万円超~300万円:5.29%~6.49%
300万円超~500万円:4.99%
500万円超~700万円:3.99%
700万円超~900万円:2.99%
900万円超~1,000万円:2.49%
1,000万円超~1,100万円:2.39%
1,100万円超:1.59%

※上記基準金利より最大0.6%の引下げあり
【返済日】
毎月5日
【返済方式】
残高スライドリボルビング返済
【随時返済】
金額指定返済
全額返済
【返済額】
※借入残高100万円の場合
15,000円
住信SBIネット銀行のミスターカードローンは、2種類のコースが提供されています。上記プレミアムコースでは最高1,200万円の契約に対応しています。

審査に応じてコースが設定されるため、任意のコースが選択できるわけではありませんが、とにかく安い金利で借り入れできるだけの枠を確保したいという方におすすめです。


みずほ銀行カードローン

限度額
金利
返済について
最高1,000万円
200万円以上~300万円未満:7.00%
300万円以上~400万円未満:6.00%
400万円以上~500万円未満:5.50%
500万円以上~600万円未満:5.00%
600万円以上~800万円未満:4.50%
800万円以上~1,000万円以下:3.50%

※上記金利より最大0.5%の引下げあり
【返済日】
毎月10日
【返済方式】
残高スライド方式
【随時返済】
金額指定返済
全額返済
【返済額】
※借入残高100万円の場合
20,000円
みずほ銀行のカードローンについても、2種類のコースが提供されています。上記エグゼクティブプランでは最高1,000万円の契約に対応しています。

ミスターカードローンと同じく審査に応じてコースが設定されるため、任意にコースは希望できません。みずほ銀行の預金口座をお持ちの場合、最短で即日の融資にも対応しているため、急ぎで資金を確保したい方におすすめです。


横浜銀行カードローン

限度額
金利
返済について
最高1,000万円
100万円以下:14.60%
200万円超~300万円以下:8.80%
300万円超~400万円以下:6.80%
400万円超~500万円以下:4.80%
500万円超~600万円以下:4.50%
600万円超~700万円以下:4.00%
700万円超~800万円以下:3.50%
800万円超~900万円以下:3.00%
900万円超~1,000万円未満:2.50%
1,000万円:1.90%
【返済日】
毎月10日
【返済方式】
残高スライド方式
【随時返済】
金額指定返済
全額返済
【返済額】
※借入残高100万円の場合
15,000円
横浜銀行カードローンは最高1,000万円、10万円単位で契約可能となっています。横浜銀行と取引がなくても申し込みできますが、申し込み対象となるのは横浜銀行の営業エリアに居住または勤務している方のみとなります。

600万円超からの金利がとても低く、多額の資金の借り入れを希望する方にとてもおすすめです。



関連記事

  1. カードローンの審査に通りたい学生が知っておきたい5つのポイント
  2. カードローンで金利を抑えるために知っておきたい4つのコツ
  3. カードローン比較の4つのポイントとおすすめカードのご紹介!
  4. カードローンを上手に返済するために知っておきたいポイント カードローンを上手に返済するために知っておきたいポイント
  5. カードローンを在籍確認なしで使うには?

最新記事

おすすめ記事

  1. 合同会社がビジネスカードを作成するためのポイントを徹底解説!
  2. ANA法人カード4種類を徹底比較!あなたに最適な1枚はこれだ
  3. JAL法人カードでフライトマイルを貯めてお得に使おう
PAGE TOP