カードローン

カードローンとは何か?初心者向けに詳しく解説

カードローンは怖いもの、そうイメージを持っていませんか?実際、カードローンと聞くと一番最初に、「カードローンで借りすぎて返せない」などのマイナスイメージを持つ方も多いと思います。

しかし、これはカードローンとはどのような仕組みなのかを理解せず、間違った使い方を繰り返してしまうことが原因。カードローンは、正しい知識を持つことで、「期間限定のバッグが欲しいけど、お金が少し足りない。」「生活費がピンチ」などの、突発的な出費の際に便利なキャッシングサービスなのです!

ここではカードローン初心者の方のために、カードローンとはいったいどのようなサービスなのか、カードローンとの賢い付き合い方について詳しく解説していきます!


カードローンとはいったい何か?

カードローンとは担保・保証人なし、対人信用に関係なく借り入れできるサービスです。

そのため銀行のローンと比較すると審査の難易度が低く、安定かつ継続した収入があればどなたでも申し込みのしやすいサービスになっています。

ここではカードローンとは一体どのようなサービスなのか、基本的なポイントを押さえていきましょう!


限度額は審査で決まる

カードローンの限度額は審査によって決定されます。借り入れ限度額は年収の3分の1以下となっていますが、銀行が出しているカードローンについては、年収の3分の1借りられます。

一般的には、安定した収入を持っている方が初めてカードローンを利用する場合は、初めは50万円程の限度額に設定されることが多いようです。さらに限度額を増やしたい場合は、借り入れと時間通りの返済を行うことで、信頼を積んでから増額申請をしましょう。

限度額以内なら好きな時に借りられる

カードローンは、限度額の範囲内で自由に借り入れすることができます。借り入れのたびに特別な手続きは必要ありません。

例えば、あなたの借り入れ限度額が30万円で、今月10万円借り入れしたとします。このとき、利用可能な分が20万円残っていますが、この20万円をいつ利用しても大丈夫ということです。もちろん、1回でも複数回に分けて利用することも可能です。

借り入れ方法

カードローンの借り入れ方法は大きく分けて2種類。ATMから直接現金を引き出す方法と、預金口座に振り込みしてもらう方法があります。

ATMで現金を引き出す際は、カードローン専用カードを利用します。銀行系カードローンの中には、銀行口座のキャッシュカードとカード用ローンに用いるカードが一体になったカードもあります。

返済方法

カードローンはATMからの入金、口座振替、口座振込にて返済します。また毎月の返済のほかに、都合の良いタイミングで任意の金額を追加返済することも可能です。

また、引き落とし返済に使われる銀行口座はカードローンによって異なります。例えばみずほ銀行のカードローンであれば、みずほ銀行のカードローン返済専用の銀行口座から利用分が引き落とされます。対して消費者金融のアコムは、引き落とし返済をするのに口座の指定はありません。

短期間の借り入れなら利息がかなりお得に

カードローンは金利と元本(残高)そして借り入れ期間から利息が計算されます。そのため短期間の借り入れなら利息はかなりお得です。

カードローンによっては利息の発生しない無利息期間のあるサービスも。このようなサービスをうまく利用すれば、利息の負担を感じずに借り入れ可能です。


銀行系とは?消費者金融系などとの違い

実は、カードローンは大きく分けて、銀行系・消費者金融系・信販系の3種類あります。カードローンの種類によって一長一短ありますので、この中から、あなたに合った種類を見つけることが大切です。

カードローンの種類


銀行系消費者金融系信販系
業者銀行や信用金庫などの金融機関消費者金融クレジットカード会社など
金利1.80%~14.6%4.50%~18.00%3.00%~18.00%
限度額最高1,000万円最高800万円最高800万円
メリット・総量規制の対象外
・低金が低い
・限度額が大きい
・金利優遇など
・専業主婦可
・スピーディー
・無利息期間
・審査難易度が低い
・信販会社によって特徴が異なる
・特典や優待などがある
・既存会員の優遇がある
デメリット・審査難易度が高め
・即日融資に対応していないことがある
・申し込み対象が限られることがある
・総量規制の対象
・金利が高め
・専業主婦不可
・審査難易度は信販会社によって異なる
・他社の返済履歴の影響を大きく受ける場合がある


このように、カードローンは3種類あるのですが、金利が低めに借りられることから総合的に見て良いのは銀行系カードローンです。また、銀行系カードローンは総量規制の対象外になるため、収入の3分の1以上借りられることが大きな特徴です。

銀行系カードローンは総量規制の対象外となるため、金利も低く消費者金融系カードローンや信販系カードローンからの借り換えにも最適。長期的な借り入れや、まとまった資金の借り入れに銀行系カードローンはとてもおすすめです。

専業主婦などの収入が無い人でも借りられるのは?

消費者金融系カードローンや信販系カードローンは総量規制の対象となるため、自分自身に収入の無い方は申し込みをすることができません。

一方、銀行系カードローンの場合は総量規制の対象外となるため、収入の無い専業主婦でも銀行系カードローンは利用可能です。


クレジットカードのリボ払いとの違い


お買い物をしたときに少しずつ支払いができるショッピングリボ払い。実はカードローンを利用したほうが、手数料を節約できる場合があります。

「お金を借りてまで買い物するのはおかしい!」

あなたもそう思ったかもしれません。いえいえ、ちょっと待ってください。もし、現在あなたがクレジットカードでリボ払いや分割支払いなど利用している場合は、カードローンの利用を検討した方がかなり得になる場合が多いのです。

ここから、どのくらいカードローンがクレジットカードのリボ払いと比較してお得になるのかを順にお話ししていきます。まずは、そもそもリボ払いはどのような支払い方法なのかをさらっと確認していきましょう。

そもそもリボ払いとは

リボ払いとは利用金額や利用件数に関わらず、毎月ほぼ一定額の支払いができる支払い方法です。

リボ払いを利用すれば大きく返済額が変わってしまうことはありません。負担の無い返済方法として選ばれています。


クレジットカードのリボ払いとカードローンの支払い方式の違い

クレジットカードのショッピングリボ払いとカードローンの比較ポイント、それは金利の違いです。

クレジットカードのショッピングリボ払いの一般的な金利(手数料)は15.00%~18.00%

カードローンによってはより低い金利で借り入れできるため、クレジットカードのショッピングリボ払いを利用するよりも、大幅な手数料の節約につながるのです。



返済方式と支払い総額シミュレーション

ここでは50万円を借り入れし、毎月2万円ずつ返済した場合の違いについて比較してみました。

カードローンの利息は金利と元金、そして借り入れ期間から計算することができます。

毎月の返済金額が大きければその分返済期間は短くなりますが、支払いで感じる負担は大きくなります。

負担なく返済をしながら利息を節約したい場合は、やはり金利の低いカードローンを選ぶことがポイントです。



みずほ銀行カードローンプロミス三井住友クラシックカード
種類銀行系カードローン消費者金融系カードローンキャッシング
支払い方式残高スライド方式残高スライド元利定額返済方式残高スライド元利定額返済方式
金利14.00%17.80%18.00%
支払回数32回32回33回
利息総額102,880円129,392円140,554円


このように、「できるだけ利息を抑えたい」場合は、銀行系カードローン一択。クレジットカードのキャッシングとの利息の差は、なんと37,674円にもなります。


手軽で便利!カードローンとは人気の借り入れ手段

以上お話ししてきたように、カードローンとは自分のタイミングで必要な金額を手軽に借り入れできる便利なサービスです。

「便利なのはわかったが、実際使っている人はどんな使い方をしているの?」そう思ったあなたのために、以下に日本政府が2015年にカードローンについて調査した結果を紹介していきます。

どんな人がどんな目的で利用している?

3年以内借入経験者のクレジットカード会社のキャッシング・カードローンの利用目的上位3位は、「生活費不足の補填」38.1%、「欲しいもののための資金不足の補填」28.5%、「クレジットカードの支払い資金不足の補填」21.4%となっている。

引用:http://www.fsa.go.jp/common/about/research/20151209-1/01.pdf

この調査結果では生活費のために利用したという方が最も多くなっていました。またお買い物やその他の支払いの補填など、さまざまな資金不足を解消する目的で利用されています。

生活費が足りないという事態は誰にでも起こりうることです。誰にも相談できず中には困ってしまう場合に、資金調達がスピーディーで、なおかつ一時的な借り入れや少額の借り入れが可能なカードローンはとても重宝されているのです。




これまでカードローンについて詳しく解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

カードローンとは決して怖いものではなく、仕組みを理解して利用することで、「困ったとき、頼りになる」存在。今までカードローンを利用したことが無かったあなたも、カードローンのカードだけでも作ってみてはいかがでしょうか。





関連記事

  1. 無職でもカードローンの審査に通るケースとおすすめのカードをご紹介 無職でもカードローンの審査に通るケースとおすすめのカードをご紹介…
  2. カードローンを利用したい主婦必見!押さえておきたい基礎知識
  3. カードローンの在籍確認を徹底解説!事前に準備をすれば焦らない!

最新記事

おすすめ記事

  1. 合同会社がビジネスカードを作成するためのポイントを徹底解説!
  2. ANA法人カード4種類を徹底比較!あなたに最適な1枚はこれだ
  3. JAL法人カードでフライトマイルを貯めてお得に使おう
PAGE TOP